立憲・蓮舫氏、“アベノマスク”報道に噛み付く…

蓮舫氏のツイート

検査徹底など他に優先すべきコロナ政策を提案し、国会で安倍総理に何度も見直しを要請しましたが、必要との認識でした。

結果、昨年の補正予算にも関わらず今年3月まで余剰分が倉庫に保管。保管費用も税金。

しかも、安倍元総理も誰もアベノマスクをつけていません。

蓮舫


蓮舫は、日本の政治家。参議院議員、元タレント。元夫・村田信之との婚姻中の氏名は、村田 蓮舫。 菅直人内閣で内閣府特命担当大臣、内閣総理大臣補佐官。野田内閣で内閣府特命担当大臣、公務員制度改革担当大臣を務めたほか、民主党幹事長代行、参議院東日本大震災復興特別委員長、民主党代表代行、民進党代表代行、民進党代表を歴任した。
生年月日: 1967年11月28日 (年齢 53歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

不織布マスクがない時、手作りで布マスクを作ってました。ガーゼ不足もでて、赤ちゃんの沐浴用のガーゼまで買い占める人までいたのです。だから、ガーゼが必要なのに無くて、困った人はアベのマスクが小さいということで解いて使ってました。知ってました?

嬉しそうにまぁ…水際対策しなきゃの時期にモリカケサクラで審議妨害同然の事しておいて

結果論ですよね。当時予想できました?

当時、モリカケサクラ、時間あまればコロナって言ってましたね。

優先すべきコロナ政策って、マスク買えなかったんですよ!いつまで続くかもわからなかった。検査で予防はできません!

やっぱり噛み付いて来ましたね(^^)

野党のお仕事として過去どうであったかではなく今後どうしなければならないかを発信すべきではないのでしょうか?

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。