野党、自民党役員人事を批判 “改革姿勢が感じられない” → 臨時国会などで追及へ

野党 自民党役員人事を批判“改革姿勢が感じられない”

▼記事によると…

・自民党の岸田総裁は、1日、甘利幹事長をはじめとする新たな役員人事を決定したうえで、週明けの新内閣の組閣に向けて閣僚人事を本格化させることにしています。

これまでの人事について野党各党は、他党のことだとしながらも、安倍前総理大臣や麻生副総理兼財務大臣といった有力者や派閥の意向が優先され、岸田総裁が総裁選挙で訴えた自民党を改革する姿勢は感じられない顔ぶれだなどと批判を強めています。

このため野党各党は、今週末にかけて調整が行われる新内閣の閣僚人事も見極めたうえで、週明け4日に召集される臨時国会などで追及していく方針です。

2021年10月1日
https://www.nhk.or.jp/politics/articles/statement/69003.html

野党


野党(やとう)とは、「政府から離れた在野の政党」を意味する。政権・内閣・行政を担わない政党のことであり、それを担う与党と対峙する。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

おまいう

批判以外に言うことないんかね

再生可能エネルギー100%とかわけわかんないこと言わないで政策面でケチ付けてみろ

小石河連合に冷や飯食わせたら改革してると言えますよね

?自分に言ってる?

NHK.あんたはどう思うのさ?報道機関なんだから、あわせて表明してください。

NHKも意味の無い取材をするな!受信料で運営しているのだから。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。