【核燃料サイクル】高市早苗氏「止めたら“ただのゴミ”になってしまい、何のメリットもない」「しっかりと進めるべき」

ピーチ太郎2ndさんのツイート

【核燃料サイクル】

高市早苗
止めたら”ただのゴミ”になってしまい、何のメリットもない。ただのゴミを青森県に置いておいて貰えないので、各原発に戻す事になる。そのまま置かれる事になれば、原発そのものが稼働しなくなり、安定的なエネルギー供給体制からも逸脱していく。しっかりと進めるべき

高市早苗


高市 早苗は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員。 総務大臣、内閣府特命担当大臣、衆議院議院運営委員長、自民党政務調査会長、内閣府特命担当大臣を務めた。
生年月日: 1961年3月7日 (年齢 60歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

理路整然として、聞き取りやすく、なおかつ非常にわかりやすい!

【高市早苗さんが講師】になって、勉強会になっている件!

高市氏は、日本の抱える諸課題をしっかり勉強され、しかも分かりやすく説明できる高い能力をお持ちです。きちんと理解していないと分かりやすく説明することはできず、資料を読み上げるばかりになってしまいますから。付け焼き刃の知識では、彼女に対抗できませんね。彼女の引き立て役になるだけです。

パーフェクトヒューマンww

高市さん素晴らしい回答

へえーー知らなかった!さすが高市さんですね。ありがとうございます!

ど正論

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。