【税理士法違反】三菱UFJ銀行本店に『ニセ税理士』が勤務…「職員も彼のことは税理士だと思っていた」

三菱UFJ銀行本店に「ニセ税理士」が勤務 税理士法に違反

▼記事によると…

・問題の人物はKPMG税理士法人から三菱UFJ銀行本店に出向している30代前半の男性社員、西田公介氏=仮名=である。ちなみにKPMGは世界四大会計事務所(BIG4)の一角を占める多国籍企業だ。

「18年12月頃に出向してきた西田さんは三菱UFJ銀行本店のソリューションプロダクツ部ソリューションフィナンシャルグループに所属しており、同部署の職員はもちろん、同グループの職員も、彼のことは税理士だと思っています」

そう語るのは三菱UFJ銀行関係者である。

「その彼が実は“ニセ税理士”だと気づいたのは先月のことです。ある日、たまたまKPMGの関係者と話す機会があり、西田さんの話題になった時、その関係者が“西田さんは税理士ではない”と言うのです。彼が社内外で配っていた名刺にははっきりと『税理士』とありますし、本人も税理士を名乗っていたので最初はそんなことはあるはずがないと、信じられずにいました。しかし……」

この関係者が半信半疑で日本税理士会連合会のHPにある税理士情報検索サイトに彼の名前を打ち込んでみたところ、「該当するデータはありませんでした」とのメッセージが。

「念のため、連合会には電話でも問い合わせましたが、“その名前の税理士の登録はない。彼の職場での行為は税理士法違反にあたる”と言われました。最初は銀行に告発しようと考えました。しかし、もし銀行も組織ぐるみで関与していたとしたら……。大きな組織ですし、隠蔽されてしまったり私自身が不利益を被る可能性もあります」(同)

そこで、本誌(「週刊新潮」)に情報提供するに至ったわけである。

週刊新潮 2021年8月26日号掲載
https://www.dailyshincho.jp/article/2021/08270557/

三菱UFJ銀行


株式会社三菱UFJ銀行は、東京都千代田区に本店を置く、三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の都市銀行。3大メガバンクの一角を占める。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

税理士法人に勤めているからといって全員が税理士というわけではない(病院で言えば医師ではない看護師)し、税理士登録していない人が税理士と名乗ってはいけないことは業界内なら誰でも知っていることなので、かなり雑な運営ですね。

ここでブロックチェーンはいかがですか( ̄▽ ̄)

なんと…

税理士資格くらいちゃちゃっと取ればいいのに…

社員が何人もいる税理士の会社から来たのはニセ税理士でした…ってうちの会社でもあったわ。否定しないんだよね。契約解除したけど

えー、なんか、残念なニュース。

は?逮捕しろよ。税理士証票とかバッジとか確認しなかったのかよ。メガバンクがザルだな。

アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを