米メディア「菅首相は五輪に失敗すれば“世界最低の指導者”になる」(在米ジャーナリスト・飯塚真紀子) 

「菅首相は五輪に失敗すれば“世界最低の指導者”になる」 米メディア 東京五輪

▼記事によると…

飯塚真紀子 | 在米ジャーナリスト

・米UPI通信がスウェーデンのランド大学「東アジア及び東南アジア研究センター」の主任講師ポール・オーシェ氏の意見記事を紹介しているが、その中で、オーシェ氏が菅首相の頭の中を覗くような試みをしていて興味深いので紹介したい。

(略)

・オーシェ氏は最後にこんな皮肉を述べて、記事を締めくくっている。

「菅氏は、自身のリーダーシップを賭けて夏季五輪を成功させようとしている。大きな感染拡大が起きることなく五輪を成し遂げれば、それは選挙での自民党の勝利だけではなく、菅氏の続投も助けることになるだろう。五輪が失敗に終われば、菅氏が辞任の時に受け取るのはブロンズメダルではなくたぶん、木製スプーンだろう」

木製スプーンとはスポーツ競技などのコンペティションにおいて「最下位に贈られる賞」のことである。感染拡大が起き、東京五輪が失敗に終われば、菅首相は「最下位賞」を贈られることになるというのだ。菅首相は世界から見ると日本国の指導者である。つまり、日本国の指導者である菅首相は、“世界最低の指導者”とみなされることになるわけだ。

“国家の威信”を賭けて東京五輪を開催しようとしている菅首相だが、感染拡大によって賭けに失敗し、国際社会から“世界最低の指導者”というレッテルを貼られて、日本の国威は失墜する。結局、“国家の威信”のために、“国家の威信”が失われることになる。そんな未来予想図が現実のものになるのを避けるには、国民は、最後まで、五輪中止の声を上げ続ける必要があるのではないか。

6/24(木) 8:12
https://news.yahoo.co.jp/byline/iizukamakiko/20210624-00244462/

菅義偉


菅 義偉は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、内閣総理大臣、自由民主党総裁である。 横浜市会議員、総務副大臣、総務大臣、内閣府特命担当大臣、郵政民営化担当大臣、自由民主党幹事長代行、内閣官房長官、沖縄基地負担軽減担当大臣、拉致問題担当大臣などを歴任した。
生年月日: 1948年12月6日 (年齢 72歳)
菅義偉 - Wikipedia

ネット上のコメント

例えばイランのライシ新大統領は、数千人の反体制派の処刑に関与していて、「残虐な吊るし人」とか「ブッチャー」とか言われてるんですが、それでも菅総理が世界最低の指導者になるっていう認識でいいですかね?もしかして、私の知らない別の「世界」の話してます?

これを読んで支持率2.9%の野党の支持者が「自民党はたった25%にしか支持されていない!」などと言ってて、そういう所やぞと。自分で何かをやる気もないのに他人の文句ばかり言ってる、そういう人間が増えれば増えるほど国は傾いていく。他人の足を引っ張っても何も生まれない。

スガは世界最低の指導者!って書いてる飯塚真紀子氏ですが、あなた新型コロナで死ぬ日本人の数は最悪57万人、最善でも12万人とか言うとんでもない記事を過去に掲載してましたけど、ジャーナリストを名乗るならちゃんと違いました、すいませんでしたって言わないと信頼性ないですよ?

どういう基準で世界最低と言っているのか分からないので、その基準を公開して、各国の首脳も同じように評価してみせてください。

ジャーナリストは選民思想持ちが多いので、世界(G7)という認識で、他は植民地か労働者居住区域って認識なのかも知れないですね。

平和ぼけしてるから、このレベルで大層な事を言っちゃう人が多いと思います。

民主党時代をもうお忘れですか????

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします