小池都知事が20年近く飼ってきた愛犬「そう」ちゃん、亡くなっていた…

過労で入院の小池知事、20年近く溺愛の愛犬「そう」ちゃん亡くなっていた

▼記事によると…

・過度の疲労のために週内の公務を取りやめ、22日に都内の病院に入院した東京都の小池百合子知事は、23日も静養を続けた。

・別の関係者によると、小池氏が20年近く飼ってきた愛犬でメスのヨークシャテリア「そう」ちゃんが今月、亡くなったという。「総理」が名前の由来なのは有名で、小池氏はそうちゃんを溺愛していた。

2021年6月23日17時48分
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202106230000529.html

小池百合子


小池 百合子は、日本の政治家。東京都知事。東京都練馬区在住。 アラビア語通訳者、ニュースキャスターを経て、1992年に政界へ転身した。
生年月日: 1952年7月15日 (年齢 68歳)
小池百合子 - Wikipedia

ネット上のコメント

愛犬が死んだのは非常に辛い事ですね。

愛犬とのお別れが原因で入院中?全くご自分の立場を理解できてないな。

犬公方かな?

わかります。。 私も最近、老猫に死なれて毎日悲しい

入院中に他界したから死に目に会えなかったんだな。これはキツい

看取れなくて残念だねぇ

この人の政策は反対だけど これだけ働き詰めでこの年齢だったら相当大変だと思う。そして愛犬の死。。。お気の毒です。

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします