スポーツ庁長官・室伏広治さん、難病・悪性脳リンパ腫と闘病中だった…

「室伏広治」スポーツ庁長官、難病・悪性脳リンパ腫と闘っていた

▼記事によると…

・スポーツ庁の室伏広治長官(46)。言わずと知れた2004年のアテネ五輪のハンマー投げ金メダリストで、頑強な肉体の持ち主だ。最近もイベント等に積極的に出席し、疲れ知らずの印象だが、実は人知れず病魔と闘っていた。難病の悪性脳リンパ腫である。

・都内の病院関係者は、こう明かすのだ。

「室伏さんは昨年秋、歩き方がおかしくなって、転んだりもしたために検査を受けると、脳に腫瘍が見つかったのです。すぐに開頭手術を受けたところ、脳腫瘍ではなく、脳原発性の悪性リンパ腫でした」

4/7(水) 5:59
https://news.yahoo.co.jp/articles/67f04f1c4f518f26f45fbbab4dad098a3d677df4

室伏広治


室伏 アレクサンダー 広治は、日本のスポーツ科学者、国家公務員、ハンマー投選手、東京医科歯科大学教授、スポーツ庁長官。 静岡県沼津市出身。中京大学体育学部卒業、中京大学大学院体育学研究科博士課程修了。学位は博士。専門は陸上競技、スポーツ科学、スポーツパフォーマンス・システム研究。
生年月日: 1974年10月8日 (年齢 46歳)
出生地: 静岡県 沼津市
身長: 187 cm
出身校: 中京大学体育学部; 中京大学大学院体育学研究科
両親: 室伏重信、 セラフィナ・モリッツ
兄弟姉妹: 室伏由佳
室伏広治 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

試合で何回か見かけてサインしてもらったりしたけど、室伏選手が一番優しくて毎度感じ良かったのを覚えてる‼︎

室伏さんとても忙しいだろうけどさらに病気と闘っていたなんて…治療がうまくいきますように。

本人公表じゃないのか… 本当なら完治を願うが、デマなら情報出した関係者とマスコミは根絶してほしい。

結構衝撃的ニュース

内容はともかく、この都内の病院関係者とやら、いくら公人についてのこととはいえ、患者の個人情報の最たるものたともいえる疾患や病状について勝手に口外してええんか。

室伏さん、大変な難病を患っていたのですね…。無事完治されると良いのですが。

都内の病院関係者、守秘義務違反じゃないのか。

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします♪

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認