『サンジャポ』イジメ擁護で大炎上… テリー伊藤さん「いじめた過去を引っ張りだすのはルール違反」

『サンジャポ』イジメ擁護で大炎上! 芸能人のコメントに「いじめる側の意見」

▼記事によると…

・3月7日朝に生放送された『サンデー・ジャポン』(TBS系)が、韓国で社会問題化するいじめ告発運動「暴too」を紹介。出演者のコメントが、イジメを擁護するものだったとして、批判を呼んでしまった。

・「暴too」とは、セクハラ告発運動「Me too」と「暴力」をかけ合わせた、著名人が学生時代に行なったいじめ行為を告発する運動。

全出演者がいじめを正当化
テリー伊藤も、「いじめした芸能人は、当然、当時のことは覚えてるわけですよ。そういう自分が嫌だから、芸能界に来たんじゃないですか?」「荒んだ自分が嫌だから芸能界へ来て、そこでもう一度頑張ろうと。過去を捨てて。それで必死になってやってるのに、過去を引っ張り出すようなのは、僕はルール違反だと思いますね」と、いじめっ子にも、悪かった自分を変えたい意図があるのだとコメント。

20~24歳の女性ユーチューバー集団『くれいじーまぐねっと』もこうした意見に立ち、学生時代に〝陰キャ〟だったことで知られる『爆笑問題』太田光も、「(報復という)それ自体がいじめになるから、あんま意味がない」と、憎しみの連鎖になるだけだと指摘した。

このように、スタジオ出演者からは、一様に「過去のこと」というような風潮で、いじめっ子側に同情するようなコメントが。しかし、こうしたコメントにネット上では

《加害者側を擁護するコメント無理》
《加害者を肯定していて失望した》
《テリー伊藤、頭になんか虫でもわいたんやろか》
《いじめの話、テリーやサリナ、ユーチューバーのやつらに誰も異論唱えなかったね。きっと自分たちがいじめをしてきた、もしくはしているんだろうね》
《完全にいじめる側の意見》
《やる方が悪いに決まってるだろ》

など、猛批判の嵐となった。

2021.03.13 17:31
https://myjitsu.jp/archives/267512

twitterの反応

ネット上のコメント

テレビのバラエティーがイジメみたいなもんやけど

いじめっ子はもう一度頑張ろうとしている、って勝手な決めつけ。そんな良い子ばかりじゃないでしょう。

逆!いじめられた方は絶対に忘れない!いじめた方はあっさり忘れてますよ。

プロデューサーの立場利用して、芸人いじめしてた奴がコメンテーターって意味不明

自ら電波芸者と言って憚らないこちらさんは、いつも風見鶏。

どちらかと言うと、いじめられた方がずっと忘れないと思う。

保身にしか聞こえないw

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします♪

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認