香川県、ゲーム条例施行から約1年… 小・中・高校生を対象に依存傾向を調査した結果

ゲーム条例施行から約1年…ネット・ゲーム依存傾向「やや強まる」 香川県教委が実態調査

▼記事によると…

・香川県のネット・ゲーム依存症対策条例が施行されて4月で丸1年です。

・県教育委員会が2020年度、小・中・高校生ら4881人を対象に行った実態調査の結果、新型コロナによる休校の影響で3年前よりもネットやゲームへの依存傾向がやや強まったことが分かりました。

・家庭でのルールが「ある」と答えたのは小学生が92.7パーセント、中学生が80.4パーセントで、いずれも3年前の調査より5ポイントほど増えました。

・スマホなどの1日あたりの利用時間は小、中、高校生ともに「3時間以上」の割合は3年前よりも減ったものの、「1時間以上3時間未満」の割合は増えました。

・ネット・ゲームへの依存傾向に関する調査では8つの質問中、5項目以上があてはまり「注意が必要」とされた割合が、中学生は6.3パーセント、高校生が4.6パーセントで、ともに3年前より増えました。

2021/3/8 18:12
https://news.ksb.co.jp/article/14250772

動画を見る

twitterの反応

ネット上のコメント

そりゃあねぇ…。自分らしさを抑制されるかもしれない様な規制を出されるよりも本人の置かれている家庭や教育環境などの根本をサポートしないと。

いやいやいや確かにコロナ休校もありそうだけど、やるなって言ったら強まるだろ。

残念ですが、香川県は「ゲーム依存症=ITサービスの使いすぎ」なる誤った解釈をしている模様です。そうでないと、記事の内容がどうもしっくりきません。

ぶっちゃけ中身とかどうでもいいから見せかけだけでも実績が欲しいんやろな。提訴もされとるし背に腹は代えられんってとこかね

香川県民って全員頭がおかしいの?ゲームよりうどんの方がずっと命に危険だろうが。

壮大なアホ実験だったなw まあいい反面教師になったよね

だから規制なんて無駄だって言われたんだよ

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします♪

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認