植物性由来の「代替たまご」、全国のスーパーで発売開始

YouTubeチャンネル『ANNnewsCH』より

概要欄

植物性由来の「代替たまご」とは?鳥インフルで卵不足のなか発売(2023年4月4日)

卵の供給が安定しないなか、植物性由来の「代替卵」が4日に全国のスーパーで発売されました。

植物性食品を扱う「2foods」と大手食品メーカーの「カゴメ」は、常温で長期保存が可能な代替卵を開発しました。

植物性由来の代替食品では一般的な大豆を一切使わず、ニンジンや白インゲン豆から作ることで、卵の「ふわとろ感」を再現しているのが特徴です。

去年秋から過去最多の規模で発生している鳥インフルエンザの影響で国内の卵の安定供給が難しくなるなか、卵の新たな選択肢を提供したいとしています。


卵とは、動物の卵細胞が未受精、または受精し胚発生が進行した状態で体外へ産み出される雌性の生殖細胞と付属物の総称である。玉子とも書かれる場合もある。 外部に放出される卵は、その多くが周辺環境と内部を隔てる構造を持ち、恒常性を保つ機能を持つ。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

食べたらアカンやつですね…(((;◔ᴗ◔;)))

うわぁ本当に予定なんだなぁ…植物由来って何?😭

代替玉子を販売するカゴメ 鶏の災難は計画してたのか❓

100パー病気なるわっ(ꐦ°д°)(ꐦ°д°)

こわー!

絶対買わない!

素晴らしいほどにマッチポンプ




\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認