立憲民主党「インターネット誹謗中傷対策法案の成立を目指す」

打越さく良さんのツイート

2022年の参院選政策集には、包括的差別禁止法の制定の検討、国内人権機関の設置、救済手続の仕組みの創設、インターネット誹謗中傷対策法案の成立を目指すこと、個人通報制度を定めている関係条約の選択議定書の批准など掲げました。

打越さく良


打越 さく良は、日本の政治家、弁護士。立憲民主党所属の参議院議員。 夫は刑事裁判を専門とする弁護士の村木一郎。戸籍名、村木さく良。
生年月日: 1968年1月6日 (年齢 54歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

へぇ(−_−;)

どうせ自分たちに都合よく解釈して運用するんでしょうね

外国人生活保護、スパイ防止法を禁止する動きが出てきたね。

少なくとも「非差別主義者」という差別主義者からは賛同得られるんちゃう

法律で禁止する事ではないでしょ

その志は立派なんですけど、「差別とは?」という定義づけの話にしかならないような気が。

差別の定義よ。正義感ヅラで国は治められないよ。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認