【安倍氏国葬】玉川氏「内閣法制局は法の番人としてのプライドを捨てた」「法の解釈をちゃんとやらないとまた戦争が起こってしまう」

あらかわさんのツイート

安倍国葬に
玉川さん⇒
戦前の国葬が国威発揚に使われた思いもあり、内閣法制局も法の番人としてのブライドがあり、佐藤元総理国葬は「法的根拠が明確でない」とした。内閣法制局は、集団的自衛権行使容認を認めたことで法の番人としてのブライドを捨てた。

玉川徹


玉川 徹は、テレビ朝日報道局の局員で、『羽鳥慎一モーニングショー』のレギュラーコメンテーター。かつては後述する前身番組でリポーターやディレクターを務めていた。
生年月日: 1963年 (年齢 59歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

お前は逆神で間違いしかねぇ

段々と玉轍の論理思考が滅茶苦茶迷走し始めてんな。どうすりゃその結論になるんだよw

放送法は?と思いますね。あちらの界隈の判子で押したような反応を見ると巨大なスポンサーを感じますね。

ポジショントーク😳

誰が戦争を起こすんだ?

意味わからん

はっ???テレビ局社員が・・・



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを