安倍元首相の『国葬』慎重論、岸田首相が押し切り決断「最初から国葬でやると決めていた。法的な問題を詰めていた」

「国葬」慎重論 首相が押し切り決断

記事によると…

・岸田文雄首相が14日、参院選の街頭演説中に銃撃され死亡した安倍晋三元首相の「国葬」を秋に実施する方針を表明した。昭和42年の吉田茂元首相の国葬以降行われておらず、戦後2例目。政府内にも慎重論があったが、首相が押し切る形で決断した。

「最初から国葬でやると決めていた。法的な問題を詰めていた」

首相は14日夜、周囲に語った。政府関係者によると、内閣法制局などと調整し、実施のメドが立ったのは記者会見前日の13日だった。

2022/7/14 20:17(会員記事)
https://www.sankei.com/article/20220714-4YQ6KD7NPZKUJFKJ7NSOU5QUKA/
『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

岸田文雄


岸田 文雄は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、内閣総理大臣、自由民主党総裁、宏池会会長、自由民主党広島県連会長。 内閣府特命担当大臣、消費者行政推進担当大臣、宇宙開発担当大臣、外務大臣、防衛大臣、自由民主党国会対策委員長、自由民主党政務調査会長などを歴任。 中小企業庁長官、衆議院議員を務めた岸田文武は父。
生年月日: 1957年7月29日 (年齢 64歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

ありがとうございます‼️

国葬じゃなかったら世界各国からどうみられていたか。半旗も遅かっただけに大丈夫かと世界からは見られていたと思う。

やれば出来るんだね。

褒めてつかわす

当たり前なんだけど!ありがとう!ありがとう!

そうだったんだ~岸田さんGJ!ありがとー

岸田さんありがとう。正しい判断。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを