木下優樹菜さん、止まない誹謗中傷に苦しみ「『消えちゃおうかな…』と思う瞬間も」

木下優樹菜、止まない誹謗中傷に苦しみ「『消えちゃおうかな…』と思う瞬間も」

記事によると…

(前略)

叩くことで共感する人々。「最後には人、殺せるよ」
木下:正直、こんな私でも「消えちゃおうかな……」と思う瞬間もあるんです。普段、家族や友人といるときは大丈夫でも、夜中にふと「お前が生きていると、いろんな人に迷惑がかかる。お前は存在すべきじゃない」ってコメントを見たり、思い出して、「ああ、そうだよね。私なんて、いないほうがいいよね」って、心が持っていかれそうになることもあります。そういうとき、娘たちの寝顔を見て「生きないと!」って踏みとどまれたけど、心がポキッて折れちゃうのも、リアルに想像がついてしまう。

(後略)

5/21(土) 8:55
https://news.yahoo.co.jp/articles/bef56fe2a5a98341cb5eeb61304d2693512e6f87

木下優樹菜


木下 優樹菜は、日本の元タレント、元ファッションモデル、YouTuber。愛称はユッキーナ。ユニットPaboおよびアラジンのメンバーでもあった。 東京都葛飾区出身。プラチナムプロダクションに所属していた。後述のタピオカ店店長に対する脅迫騒動により、2020年7月6日を以って芸能界を引退。
生年月日: 1987年12月4日 (年齢 34歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

ユッキーナは大人になるということがどういうことか分かっていないんだろうな。親になるということがどういうことかということも。

結局この方は目立ちがりやで、注目されたいのでしょう。「反省して‥」と言うより、みんなからの中傷に耐えかねて芸能界から引退したように思えますが、それも忘れてこうやって取材を受けて弁解して、自分をアピールしてる!

ネット批判は最後には人殺せる、全くその通りだと思います。だから考えのある人間は後先考えないような言動は慎むんです。

写真集発売やらSNSで発信したり、いろいろご活躍されているのだと思います。一般人と芸能人の違いというものは、本来、あるものなのでしょうか。

木下さんのインタビュー記事には「!マーク」が多い。なんか分かる。

芸能界って特殊な業界だと思う。周りにいる人達は、木下さんを守ろうと“ちやほや”して、彼女にとって傷つくことは耳にいれないようにしていたのかもしれない。

その時の状況を受け止めて、その場の感覚だけで考えなしに発言しては墓穴を掘る、というパターンが多かったように思えます。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認