“木のぬくもり”コンセプトに建築された保育園が全焼… 職員「午前中に屋外で七輪使った」

職員「午前中に屋外で七輪使った」未明の保育園から出火し全焼 “木のぬくもり”コンセプトに9年前建築

記事によると…

・三重県いなべ市で12日未明、保育園が全焼しました。

・火事の現場は、いなべ市立の保育園「笠間保育園」

・この保育園は「木のぬくもり」をコンセプトに建築され、県産材がふんだんに使われた『こだわりの建物』

・園の職員が、「前日に屋外で七輪を使って豆を焼いて園児と食べた」と話していて、警察と消防が詳しく調べています。

・幸いケガ人はいませんでしたが、木造平屋建ての建物1700平方メートルが全焼。鎮火までおよそ8時間という大火事となりました。

2022年5月12日 木曜 午後9:26
https://www.fnn.jp/articles/-/359635

動画を見る

火災発生前

↓↓↓

火災発生

↓↓↓

鎮火

いなべ市立 笠間保育園


所在地: 〒511-0281 三重県いなべ市大安町門前533
電話: 0594-77-0252

ネット上のコメント

ぬくもりすぎちゃったね

そんな防火対策0の保育園作んなよ

典型的なBBQN

Switchも温かみありすぎて本体曲がるからな そういう宿命なのだろう

俺たちの税金がまた燃えちゃったか

まさにぬくもりですね

保育園なら頑丈で防火対策しっかりした施設作れよ ヒノキとかやばすぎだろ

 アンケート投票 & 結果確認


\\SNSでシェア//

※コメント欄が表示されない場合はリロードしてください。