ウクライナ、日本に衛星データ要請 → 情勢見極め政府判断

ウクライナ、日本に衛星データ要請 情勢見極め政府判断

記事によると…

・ウクライナが日本に人工衛星データの提供を求めていることが分かった。高精度の画像を集め、ロシア軍の動向の把握に活用する狙いがあるとみられる。日本は悪天候でも地表の鮮明な情報を取得できる「合成開口レーダー(SAR)」を搭載した衛星を官民それぞれで運用している。提供の可否はウクライナの情勢を見極めた上で政治判断する。

2022年3月17日 18:00
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA16AXP0W2A310C2000000/
『日本経済新聞』のご購読お申し込みはこちら

合成開口レーダー


合成開口レーダーとは、レーダーの一種で、航空機や人工衛星に搭載し、移動させることによって仮想的に大きな開口面として働くレーダー。 一般的にレーダーは、通常マイクロ波もしくはミリ波と呼ばれる電磁波を対象物に照射し、反射して返ってきた信号を分析して対象物を観測する。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

これは・・・軍事情報を提供しろという要請。

軍事介入になるだろうが、いいかげんにしろ

これはさすがに9条違反 防弾チョッキも9条違反だと思うけど

さあ、ウクライナさん、図々しさに歯止めが効かなくなってきた模様。

検討することを考える必要があると認識している by岸田

日本政府、「宇宙の軍事利用はしない」たなるのかな

侵攻については確実にロシアが悪い。でも、ウクライナも元々信用はしていない。ましてや、パールハーバー発言後に日本に国家機密データよこせとか、外交下手かよ。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認