不法侵入で事務所の窓壁が壊された、辻元清美氏「意見や立場が違っても暴力でなく議論できる社会をつくりたい」

辻元清美氏「驚きと不安を感じる」不法侵入で事務所の窓壁が壊されたことを報告

記事によると…

・立憲民主党の前副代表で、元衆院議員の辻元清美氏が2日、ツイッターに投稿。「私の地元事務所の窓ガラスが壊され、不法侵入を受けました。驚きと不安を感じます」とつづった。

・最新投稿で辻元氏は、大阪・高槻市にある事務所の窓や壁が、何物かに破壊されたことを報告。「警察が現在捜査中です。最近ヘイトスピーチのような文書を撒かれたり、ネットの誹謗中傷もエスカレートしていました」と被害状況を明かした。

その上で、「意見や立場が違っても暴力でなく議論できる社会をつくりたいです」と記した。

3/2(水) 17:31
https://news.yahoo.co.jp/articles/7914d7b989b839ddf0ef401749c23700416c7a00

辻元清美


辻元 清美は、日本の政治家。立憲民主党所属の元衆議院議員、立憲民主党副代表、同大阪府連合代表。立憲フォーラム幹事長、NPO議員連盟幹事長、児童擁護議員連盟会長。
生年月日: 1960年4月28日 (年齢 61歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

清美ちゃんをセメントいて!

大丈夫 そこで9条の精神ですよ 話し合えば分かるんですよね!

(/^^)/アッチ\(^^\)コッチでよく名前が“出て”きますね?

清美ちゃんをセメントいて!

どっかのタピオカと一緒じゃないか

因果応報です( ・ω・)ゞ

涙ぐましい努力、乙。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認