韓国外交長官「慰安婦問題、『誠意ある謝罪』は交渉対象でない」「GSOMIAはいつでも終了させることができる」

韓国外交長官「慰安婦問題、『誠意ある謝罪』は交渉対象でない」

▼記事によると…

・韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が2日、韓日関係に関して「2015年の韓日慰安婦合意は事実上死文化し、具体的な解決努力がない」という指摘を受けると、「誠意のある謝罪は外交交渉で受けられるものではない」とし「(日本に)再交渉の要求はしないが、誠意のある謝罪が必要だという立場は明確にしている」と説明。

・強制徴用・輸出規制問題については「韓日間の立場の違いが非常に大きい」とし「GSOMIA(韓日軍事情報包括保護協定)はわが政府がいつでも終了させることができるという前題で終了の通知を停止しておいたものだ」と改めて明らかにした。

2020.07.02 15:29
https://japanese.joins.com/JArticle/267687

康京和 プロフィール


康 京和は、韓国の外交官、政治家。2017年より同国外交部長官を務めている。過去には世宗大学校の英語英文学科助教授なども務めた。
生年月日:1955年4月7日 (年齢 65歳)
康京和 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

ようするに、誠意と云う名のお金やろ(笑)

誠意ある謝罪は、それを受ける側にも誠意があってこそ初めて誠意ある謝罪となる。

間違っていないと思う。誠意のある謝罪は交渉では無く、気持ちである。だから、形有る物で示すべきでは無い。だから、韓国は日本に要求する物は無い。と言う事で良いですね。交渉で得られる物で無いのだから

日本を国全体で嫌っているのは韓国ぐらい。

韓国はGSOMIAを日本政府を譲歩させる為の切り札にしているようだが、日本にとっては痛くも痒くもない。日本は対北朝鮮には米軍と協力し合っている。イージス・アショアの導入もその一つだ。

日本に甘えての解決法は、敵として扱われた以上金輪際あり得ないのだよ。

どの問題も日本は粛々と無視すれば良い。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認