【琉球新報】伊是名夏子さん「『差別』と『キャベツ』ってなんだか似ている」

<金口木舌>ぎすぎすした社会はごめんだ

▼記事によると…

・「『差別』と『キャベツ』ってなんだか似ている」。

コラムニストの伊是名夏子さんが以前、本紙の連載につづった言葉。

コラムはこう続く。

「時間をかけながら、いくつもの問題(葉)が重なりあい、何重にも包まれ、核心(芯)が見えにくいんだもの」

(略)

2021年10月23日 05:00
https://ryukyushimpo.jp/column/entry-1411728.html

伊是名夏子


伊是名 夏子は、日本のコラムニスト。社会民主党常任幹事。
生年月日: 1982年 (年齢 39歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

どうやら差別と区別の違いがわからないらしい

なんでもかんでも差別って言われたら もう何も言えなくなるじゃん…(´・ω・)

包丁で真っ二つにすれば 核心(真実)は直ぐに 見つかる

元の問題にいくつもの問題重ねてるのは自分だろう?(゜_゜;)

冬を加速させるのはNG

どっちも美味しいってか?

進次郎さんに強敵現る?

 アンケート投票 & 結果確認


▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください▼