元日韓合同アイドルグループ・矢吹奈子さん「シャワーの音でごまかして、お風呂場で泣いた」

「シャワーの音でごまかして、お風呂場で泣いた」IZ*ONEで活動した矢吹奈子が韓国でのアイドル活動で越えなければならなかった壁

▼記事によると…

・韓国のオーディション番組から生まれた日韓合同のグローバルグループ「IZ*ONE」。12人のメンバーのうち、日本人メンバーは3人。その中で、オーディション下位層から逆転して見事メンバーの座を手に入れたのが、現在HKT48として活動する矢吹奈子さんです。

・韓国での2年半のアイドル活動を通じて気づいた「自分の愛し方」について伺いました。

――IZ*ONEのメンバーとなり、韓国に渡りました。慣れない環境に入るのは大変だったのではないでしょうか。

矢吹奈子: オーディションのあと、すぐ韓国に行くことになって、韓国語も分からない状態で生活が始まりました。最初はメンバーに自分の気持ちを共有することもできず、本当に大変でした。

生活も大変だったのですが、例えばレッスンでダンスをそろえるときにも、知らない韓国語の言葉がどんどん出てくるんです。「足をそろえる」とか「かかと」といった言葉も知らなかったので、先生から何を言われているかも分からなくて。日本人メンバー同士で目を合わせながら「これ、どういう意味なのかな?」みたいな感じになっていましたね。

あと韓国のバラエティ番組に出演したときもすごく大変でした。MCの方が何を仰っているのかが分からなくて、その場の雰囲気を見ながら「ああ、今笑うタイミングなのかな」って感じてから笑うということもありましたね。

(略)

10/22(金) 13:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/c8382675f0ee54ea9154a68ec4e5ec325522e63a

矢吹奈子


矢吹 奈子は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループ・HKT48チームHのメンバーである。また日韓合同グローバルガールズグループ・IZ*ONEの元メンバーである。AKB48の元兼任メンバー。元子役。東京都出身。Vernalossom所属。
生年月日: 2001年6月18日 (年齢 20歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

韓国アイドルとして活躍することを夢見て渡韓したわけでもなく、言葉すらもわからず、人知れず苦労を重ねながらも一つ一つ壁を乗り越えてKPOPガールズグループのトップアイドルにたどり着いた奈子ちゃんは本当に立派だと思います。

ほんまに泣ける 世界で一番大きい妖精のとこで震えた、、

アイドルになってくれて、アイドルで居続けてくれてありがとう

ものすごく成長されたんじゃないかな?これからの活躍も楽しみです。

えらーい、性格のいい子なんだな。

奈子ちゃんは良い意味で韓国に染まらなかったというか、咲良や仁美がどんどん韓国アイドル寄りのきれいさになっていく中、日本のアイドルとしての「かわいさ」をずっと貫いていたところが支持を得ていたのかなと思う。

アイドルの世界だろうとスポーツの世界だろうとビジネスの世界だろうと、言葉も何も分からない異国に行って夢や自分のしたい事にチャレンジし続けてる事に感動を覚えます。自分はアイドルとか疎いですが頑張ってください。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを