コンゴ東部で「魔女狩り」私刑急増… 焼き殺されるなどの被害

急増する「魔女狩り」の犠牲者 焼き殺されるケースも コンゴ

▼記事によると…

・コンゴ民主共和国の東部地域で、「魔女狩り」が急増しているという

・いんちき祈祷師や自称霊能者に魔女だと名指しされた女性が殺害されたそう

・9月初めから3地区で女性8人が焼き殺されるなどのリンチを受けたとのこと

・農村開発高等研究所所長・ボスコ・ムチュキワ教授によると、魔女狩りをあおっているのは「バジャカジ(bajakazi)」と呼ばれるいんちき祈祷(きとう)師や自称霊能者だ。ほとんどが地元の女性で、自分には魔女が見分けられると言い張っている。

「うそなんです。あの連中に特殊な力はない。自分が操っている人々の従順さに付け込み、信奉者を増やし、自分の名声を高めて村での影響力を強めようとしているのです」

2021年10月9日 8時0分
https://news.livedoor.com/article/detail/20999250/

コンゴ民主共和国


コンゴ民主共和国は、中部アフリカに位置する共和制国家。首都はキンシャサ特別州。 北西にコンゴ共和国、南西にアンゴラ、南にザンビア、東にタンザニア、ブルンジ、ルワンダ、北東にウガンダ、南スーダン、北に中央アフリカ共和国と国境を接し、西は大西洋に面する。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

魔女って焼き殺せるの、、?

今2021年だぞ

特異点発生してるじゃん

祈祷師と霊能者のほうが魔女っぽい

渋谷のハロウィンに来たら勘違いしてやばそう

魔女裁判模してるなら、324回魔女判定失敗してるということでは?

メディアがインチキって言っちゃうのなんかおもろ

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。