【毎日新聞】『五輪清掃のバイトに応募したら、掃除をさせられたんです!しかも1日8時間も働かされて1時間しか休憩はない!時給は1500円で、21日勤務でたった18万円でした!』

「夢壊された」 感染おびえ、残飯処理 五輪清掃員が感じた失望

▼記事によると…

・「子どもの頃からあんなに好きだったオリンピックなのに、奴隷のような扱いをされて今は悲哀しかありません」。新型コロナウイルスの感染が収まらない中、開かれた東京オリンピック・パラリンピック。東京都内の競技会場でアルバイト清掃員として勤務した50代女性はそう大会を振り返る。新型コロナの感染におびえ、大量の食べ残しや飲み残しを処理しながら、自分たちも「使い捨て」と感じさせられる失望の日々だった。

・女性は競技会場の清掃員の募集を見つけて応募した。

・7月1日から会場で研修が始まった。設営を担う作業員らの出入りは激しかったものの、開幕前は会社から手すりなどのアルコール消毒をするように言われたことはなかった。トイレ掃除も、ゴム手袋をつけた手を便器に突っ込んで布で汚れをこすり落とすよう言われて絶句した。

当時、同じバイトのメンバーでワクチンの接種を2回受けていたのは60代以上の一部だけ。「トイレ掃除は会社にお願いしてブラシを使えるように改善されたけど、常に感染が怖かった」と女性は振り返る。

競技が始まると、大会関係者が出す大量のゴミが休憩室にたまり、重いゴミ袋を1日に何度も集積所まで運んだ。生ゴミには、たくさんのおにぎりが捨てられていたという。…

2021/9/12 05:00(有料記事)
https://mainichi.jp/articles/20210911/k00/00m/040/079000c
『毎日新聞』のご購読お申し込みはこちら

関連ツイート

東京2020オリンピック競技大会


東京2020オリンピック競技大会は、2021年7月23日から8月8日までの17日間、日本の東京都で開催された第32回オリンピック競技大会。 205の国と地域から約11,000人が参加し、実質19日間に33競技339種目が行われた。
日付: 2021年7月23日 – 2021年8月8日
開会式: 2021年7月23日
場所: 東京都
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

「もっと辛い仕事はあるぞ!」と言いたい気持ちもわかりますが、今回の問題は「対して問題無い仕事を《奴隷》と見出しをつけることでオリンピックを批判しようとする事」「批判ありきの記事になったため、清掃業の業務を《奴隷》と書く事で職業差別を行っていること」以上の2点だと思われます。

リプや引用RTで「1500円は低い!日本人は貧困!」と言われる方もいますが、それは別のお話です。混ぜないでください それに、社会問題としてデフレと労働者賃金が上がらない事は重要な問題ですが、「1500円は安い」と言う事で多数の人を傷つけている自覚を持ってください
あなたが分断を生んでいます

労基や弁護士に駆け込んでも「は?」って言われて終わる案件。清掃が嫌なら清掃の仕事に応募しなけりゃ良かっただけだし、8時間労働の休憩1時間で時給1500円が不服なら辞めりゃ良かったのに。短期バイトなんだし。仕事中に余所見してサボってると思われたら注意されるのは仕方ないと思うし。

え⁈普通の条件ですよね うちもこんな感じで求人出てますけど。ハローワークから苦情きたことありません。

多分感染するリスクあるのよ!って感じですな

かなりの良案件。何故クレームになったのか謎レベル。その仕事、他に譲れよ…喜んでやる人が沢山いるから。個人的な感想です。

自分で応募したんですよね?以上。

アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを