池田清彦氏「終息しないパンデミックはなかったので、いずれ終わりただの風邪になる」

池田清彦さんのツイート

終息しないパンデミックはなかったので、いずれ終わるでしょう。

スペイン風邪は3年で終息しました。

今は季節性インフルエンザの一つになって存続してます。

感染力が圧倒的に強くて、弱毒の株が出現すれば、短期間に重症者は減って、ただの風邪になるでしょうが、いつになるかは分かりません。

池田清彦


池田 清彦は、日本の生物学者、評論家。早稲田大学名誉教授、山梨大学名誉教授。理学博士。
生年月日: 1947年7月14日 (年齢 74歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

パンデミックは終わっても、枠チンはおわんないよね。 きっと、継続するね。インフルとかと混ざって。

後遺症はあれど、初めからインフルエンザと大差ないんだよなぁ

そうだと思いますが、まだかかりそうです。 今の政府ではなくならなくてもよい命が沢山無くなりますね。 私の家族は都内に居ますが皆コロナで苦しみ、まだ後遺症も酷そうです。若くても辛いようだし、弟はあと少しで危ないところでした。勿論気をつけて居てもかかってしまいました。怖いです。

非常に長くかかる可能性もありますよね。やはり多種の治療薬が開発されないと。

先生、一つ気になりますが、スペイン風邪大流行の年代と現代では、人々の移動・行動範囲はまったく異なります。このコロナ禍、いつかは終わる、いや終わって欲しいと願いますが、移動・行動範囲が異なる点をどうお考えでしょうか。

地震予言厨みたいだね

そりゃそうだろ

アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを