『権力は腐敗する』前川喜平さん、菅政権に対する厳しい批判本を出版

「権力は腐敗する」前川喜平著/毎日新聞出版

▼記事によると…

・文部科学省で官僚のトップである事務次官をつとめた前川喜平氏による安倍晋三前政権と菅義偉現政権に対する厳しい批判本だ。

・<かつて、腐敗した権力は革命や戦争といった暴力でしか打倒できなかった。代議制民主主義が確立した今日の日本では、腐敗した権力は選挙によって平和裏に倒されるはずだ。しかし安倍・菅政権は、あらゆる手段を使って腐敗を隠蔽してきた。威勢のいい言葉や耳触りのいい言葉で国民を騙し、派手なお祭り騒ぎで国民の目をくらまし、敵でない者を敵だと国民に思い込ませて国民の目を逸らす。官僚には文書の廃棄・改竄や虚偽答弁を強い、メディアには「公平性」の名のもとに政権批判を封じて、「臭いものに蓋」をする。この政権からは強烈な腐臭が漂っているのだが、あまりにも多くの人たちが嗅覚を麻痺させられている。かくして腐った政権はいつまでも続く>

2021/09/05 06:00
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/294311

前川喜平


前川 喜平とは、日本の元文部科学官僚。 元・文部科学省大臣官房総括審議官、大臣官房長、初等中等教育局長、文部科学審議官、文部科学事務次官。2017年1月20日、天下り斡旋の違法行為による停職相当の懲戒処分を受けて文部科学省を依願退職。
生年月日: 1955年1月13日 (年齢 66歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

ですよね。 天下り斡旋とか、貧困調査とか。 全く腐敗してましたよね。

官僚も権力機構の一部ですから、前川みたいな腐れ官僚が生じるのも摂理ですね。

御自身も含めての言だろうか。。

え?自叙伝⁇

先ずは、20年も党代表をされてる方にどーぞ

文科省のこと?

すげぇ自己紹介だw

アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを