東京五輪、最終的に『無観客』を決定したのは小池都知事

ねこおぢ3さんのツイート

最終的に五輪の無観客を決定したのは小池知事であり、知事に決定権限があるということを無視して、菅総理にだけ責任を押し付けようとするマスコミには猛反対の立場だ。

決定者はあくまでも小池知事
それを組織委員会も了解したということ。
そこは間違えちゃいけない。

武藤さんの話聞いてみて。

武藤敏郎


武藤 敏郎は、日本の大蔵官僚。元株式会社大和総研理事長、言論NPOアドバイザーリポート、前学校法人開成学園理事長、元東京大学先端科学技術研究センター客員教授。 大蔵・財務事務次官、日本銀行副総裁などを歴任した。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会事務総長および理事。
生年月日: 1943年7月2日 (年齢 78歳)
武藤敏郎 - Wikipedia

ネット上のコメント

小池はやってるふりと、人のせいにするのが得意。

緊急事態宣言の発令要請も、無観客決定も選挙終わった途端やもんな。

都民は知らないのだろうなぁ

本当に緑のたぬきは許せません!

なにはともあれオリパラの成功を祈る! がんばれ日本選手たち!

都知事、ステルス中

そうそう。これ観てた。 ちゃんと訂正して報道しないとなぁ。

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします