麻生副総理「中国が台湾に侵攻した場合は『存立危機事態』として対処すべき」→ 中国「非常に間違っており危険」「強烈な不満と断固とした反対」「見くびるな」

「非常に危険」と中国反発 台湾有事巡る麻生氏発言に

▼記事によると…

・中国外務省の趙立堅副報道局長は6日の記者会見で、中国が台湾に侵攻した場合は安全保障関連法の「存立危機事態」として対処すべきだとする麻生太郎副総理の見解に関しコメント。日本政府に厳正に抗議したと明らかにした。

・趙氏
「この種の言論は非常に間違っており危険だ」

「強烈な不満と断固とした反対」

(日本の軍国主義がかつて中国を侵略したと述べ)
「今日の中国は当時の中国とはとうに違う」

(中国人民が国家の主権を守る揺るぎない決心と強大な能力を)
「見くびるな」

7/6(火) 19:24
https://news.yahoo.co.jp/articles/285d47f1bf7d67c70b2a8658d1878087d265898a

趙立堅


趙 立堅は、中華人民共和国の外交官。長沙鉄道学院卒。2020年2月、中華人民共和国外交部報道局副局長に就任し、報道官として記者会見を行っている。
生年月日: 1972年11月10日 (年齢 48歳)
趙立堅 - Wikipedia

ネット上のコメント

中国が反発するということは正しいということ。台湾と尖閣は日米合同で防衛すると声高々に宣言した方がいい。米軍は世界一の戦力であり、自衛隊も未だに強いから、立派な抑止力なると思う。

だいぶ効いていますね

”台湾を攻撃したら”の前提にこの反応は、たいわんを攻撃する気満々と言うことです。

訳すとメッチャ恐いから台湾に手を出したらアカンと言ってるね(笑)

「受けて立つ」と言えない時点で負けww

奇襲とか戦線布告とかしないで戦闘しそうだもんな

効いてる効いてるwwwww

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします