麻生副総理、中国の強権統治に触れ「台湾の次は沖縄」

中国強権「台湾の次は沖縄」 麻生財務相が講演で持論

▼記事によると…

・麻生太郎副総理兼財務相は5日、都内で開かれた政治資金パーティーで講演し、香港に対する中国の強権的な統治に触れ「同じことが台湾で起きない保証はないと考えると、台湾の次は沖縄」と持論を述べた。

・また、「台湾海峡は石油に限らず日本の多くの輸出入物資が通る」とし、台湾有事を念頭に「日本にとって(安全保障関連法の)存立危機事態に関係してくると言ってもおかしくない」との見解を示した。

7/6(火) 8:31
https://news.yahoo.co.jp/articles/9bf3f38c29989164dfe2b686213cd09db101b137

麻生太郎


麻生 太郎は、日本の政治家、実業家。自由民主党所属の衆議院議員、副総理、財務大臣、内閣府特命担当大臣、デフレ脱却担当、志公会会長、自民党たばこ議員連盟顧問。
生年月日: 1940年9月20日 (年齢 80歳)
麻生太郎 - Wikipedia

ネット上のコメント

といいながら大量に高度人材という先兵を入れてる

さすが麻生さん👍✨国民が思っていることを代弁してくれてありがとう😉👍🎶

沖縄県知事があちら側の元DJですからねぇ。都知事といい勝負してると思います。

いまさらそんな当たり前のこと言われても。

よくわかってらっしゃる 潰せ

閣下のおっしゃる通り。

事態対処法の出番です。 菅総理大臣の決断次第です。

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします