【女性自身】丸川五輪相“1回目接種で免疫を”発言に「人命軽視」と批判殺到

丸川五輪相“1回目接種で免疫を”発言に「人命軽視」と批判殺到

▼記事によると…

・「そもそもワクチン接種を前提としないで大会準備を進めている。より安心な大会のための接種体制」

6月29日、定例会見でこう述べたのは丸川珠代五輪相(50)。各メディアによると東京五輪・パラリンピックのボランティアなど7万人を対象とするワクチン接種について、「2回目の接種が大会開始までに間に合わないのでは」と問われた際の発言だ。

さらに丸川氏は「1回目の接種でまず一時的な免疫をつけていただきたい」とし、「パラリンピックに参加の方もいるので、どの時期に活動するかも見ていただきながら組織委員会にしっかり頑張っていただきたい」と主張したというのだ。

(略)

・そんな状況をまるで無視するかのような持論を展開する丸川氏に、ネット上では批判が殺到している。

《何非科学的なこと言ってるんだ。ボランティアも人間だぞ。人命軽視》
《1回で本当に一時的免疫が? リスク大な中ボランティアに参加しようとしている方々の命さえ軽視してるとしか思えない。本当にもう中止してください》
《専門家に聞けば、1回接種では一時的免疫とやらにも期待できないことを直ぐ教えてもらえる。周囲に人がいないんだな。》

なお各メディアによると、丸川大臣が一連の発言をした数時間後の29日夕方、内閣官房は「一時的」は「一次的」の意味だったという趣旨の説明があったという。これまで数々の迷言で、批判を浴びてきた丸川大臣。果たして、今回の発言も“一時的”な誤りだったのだろうかーー。

6/30(水) 6:12
https://news.yahoo.co.jp/articles/2ea12ca17c9310996fdeba4b80b8ea84646734e0

丸川珠代


丸川 珠代は、日本の政治家、元テレビ朝日アナウンサー。自由民主党所属の参議院議員。内閣府特命担当大臣兼国務大臣。 夫は、自由民主党衆議院議員の大塚拓。
生年月日: 1971年1月19日 (年齢 50歳)
丸川珠代 - Wikipedia

ネット上のコメント

何故こんなにレベルの低い人が大臣をやるのか?今回に限ってはジェンダー問題のあとだったから理由は女性だから。やはりそんな選び方ではダメなんだってこと。性別関係なく適正のある人が選ばれないと。

打ってすぐに効果が出るわけじゃない。これまでに時間は十分あったんだから、そんなことも含めて予め用意できなかったのか。使えない連中だよ。

パンデピック大臣が、一回接種で大丈夫的なデマ流していいのか。1回打てば五輪ボランティアなら安心安全?

この人やっぱり大臣の資質はないな。

丸投げ珠代のオウンゴール大会が止まらない。

わかりきっていた話のはず。

一時的で安心安全な開催になるのか?

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします