栃木県那須塩原市長「こんな風にマスコミが大挙してキャンセルワクチンの使い道まで問いただしてきたら現場は萎縮しちゃうよなー…」

渡辺みちたろう氏のツイート

こんな風にマスコミが大挙してキャンセルワクチンの使い道まで問いただしてきたら現場は萎縮しちゃうよなー。

こっちは市民にいかにワクチンを接種してもらうのかで頭いっぱいなのにさ。

じゃあ当日キャンセル出たらどうすればいいの?

医療従事者はだいたい完了してるんですよ?

渡辺美知太郎


渡辺 美知太郎は、日本の政治家。栃木県那須塩原市長。財務大臣政務官、参議院議員を務めた。 妻は栃木県議会議員の渡辺幸子。弟は新宿区議会議員の渡辺美智隆。おじはみんなの党代表や金融担当大臣兼行政改革担当大臣を務めた参議院議員の渡辺喜美。
生年月日: 1982年12月28日 (年齢 38歳)
出生地: 東京都
学歴: 慶應義塾大学
渡辺美知太郎 - Wikipedia

ネット上のコメント

くだらん事を攻撃するのは共産党系でしょうけど一般人は常識ありますのでこんな連中は無視すればいいですよ。

全然問題ないですよ!!逆に首長も含め、役所で窓口業務してる方などは優先的に受けた方が良いと思いますし。余ったらその場にいる方に、どんどん打っていけば良いんです。

首長が接種すべきだと思います。万が一市町村上層部でクラスタ発生した時、その後の指示を誰が出すのか?そちらの方が不安です。

余ったワクチンは現場の判断に任せると国が大々的に言ってるのにマスコミはどういう意図なんだ。今はワクチンが全て。マスコミの方々、どうか命を救うのに役立つ仕事をしてください。

説明で医療従事者の過大解釈してしまった。これを言わなければ・・・

同意です。重症者や別の変異株がこれ以上でないよう速やか、かつ効率的にワクチン接種をしなければならないという難題を解決する方が必要だと思います

本当ですね。きっと「蜘蛛の糸」ではないですが、ワクチンしか生き残る道がないと信じながら一秒でも早く自分が助かりたい、と思っている人たちが騒いでいるのでしょうね。

アンケート投票 & 結果確認

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします