LINE、自治体に「個人情報は日本で管理」と説明していた… 報道を見た自治体からの指摘で発覚 → LINE「担当者が誤って過去の資料を使い誤解を招いた」

LINE、自治体に当初「個人情報は日本で管理」と説明 出澤社長が謝罪「説明が不十分だった」

▼記事によると…

・メッセージアプリ「LINE」のユーザー情報のデータ管理を巡る問題で、LINE社が自治体向けに当初、「個人情報は日本で管理している」などと説明し、出澤剛社長が「説明が不十分だった」と謝罪していたことが分かった。

・19日の自治体向け説明会では、担当者がLINEのデータ管理について質問を受け、企業や自治体向けの説明冊子で「LINEの個人情報を取り扱う主要なサーバは日本のデータセンターで管理」と記載していた部分を引用して回答していた。しかし、その際にその文言をさらに切り取る形で日本でのみデータを管理しているかのような説明をしたという。

 実際はテキストデータは日本、画像や動画は韓国のデータセンターで保管していた。報道内容などを受け、一部の自治体からの指摘で発覚したという。LINEによると担当者が過去の資料を誤って使用したといい、出澤社長は「分かりにくく、誤解を招く表現だった。反省している」とした。

3/25(木) 21:25
https://news.yahoo.co.jp/articles/903d523e827615f3bf805ef39809a6e6aaaabe50

twitterの反応

ネット上のコメント

誤解じゃなくて虚偽でしょ

してる分けないやん。LINEやで…。

虚偽会見

こんな虚偽だらけの企業のアプリは使用禁止でいいでしょう。国内使用禁止後、損害賠償請求で決まりでいいと思います。

嘘に嘘を重ねてる...

見苦しい。

だめだこの会社

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします♪

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認