韓国選手の“ラフプレー”に母国からも批判『マナーすらなかった』『恥晒しだ』

「マナーすらない」 韓国MF、冨安顔面流血の“ラフプレー”を母国批判「国民が激怒」

▼記事によると…

・森保一監督率いる日本代表は25日、国際親善試合で韓国代表と対戦し、3-0と圧勝した

・0-2で迎えた後半23分の場面に韓国メディアが注目。韓国が日本陣地に攻め込んだ際、MFイ・ドンジュン(蔚山現代)の振り上げた手が冨安の顔面に当たり、冨安は口を抑えながら転倒。流血が確認されたため、一時的にピッチを離れることになったが、大事には至らず、数分後にピッチへと戻った。

・このシーンはすぐさまネットで拡散され、韓国国民が激怒した。『マナーすらなかった』『恥晒しだ』『なんであんなことするのか』『親善試合でこれはなんだ』と怒りを吐き出していた」と言及。対戦相手を負傷させる振る舞いに、母国サポーターからも批判が寄せられているという。

03/26 06:35
https://article.auone.jp/detail/1/6/11/93_11_r_20210326_1616708582349751

動画を見る

twitterの反応

ネット上のコメント

当たったじゃなくて 当てた な

大事な大事な日本の代表選手です。もう、こんなチームとの試合はしなくて良い。

罰当たりは度しがたい

負けそうになると戦略の中にラフプレーが必ず入る国ダメだね。

だから韓国戦はだめなんだ。歯が欠けてるとプレーにも悪影響が出る。

うん、韓国を国際試合から締め出しても韓国内も納得するようになっていくだろう

あの場面であの手の動きは必要ない事くらい素人でも分かるレベル。 言い訳のレベルが極めて低い。

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします♪

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認