フランスで日本人が塩酸をかけられ火傷… 在フランス日本国大使館「十分注意してください」

仏で邦人、塩酸をかけられる

▼記事によると…

・在フランス日本国大使館領事部から送られたフランス在住者宛てのメールによれば、2月10日(水)の夕方、パリ17区の公共空間に被害者である日本人が友人と3人でいたところ、塩酸をかけられ、顔をガードするために覆った掌に火傷するという傷害事件があったという。

この事件については日本のメディアでは一切報じられておらず知らない人も多いが、在フランス日本国大使館領事部からのメールでは、「フランスでは暴力を伴う犯罪の発生が絶えないため、犯罪に巻き込まれることのないよう、公共交通機関を利用したり屋外を移動する場合は、周囲の状況に常に注意を払い、人の少ない場所・時間帯を避けて複数で移動し、不審者・グループが近づいてきた際にはすぐにその場を離れる等、身の回りの安全に十分注意してください」と、呼びかけられている。

2021年02月14日 16:21
https://blogos.com/article/516854/

新着記事

twitterの反応

ネット上のコメント

いつも噛み付いてる人達は何も声をあげてないのですか?

ヨーロッパって怖いところなんですね((( ;゚Д゚)))この前のドイツ大使館や北欧の大使館のツィートきっかけに凄くイメージが変わりました。

持ち歩いてるのかしら

死刑によく反対する大使館の方達は何か発言あったのかな

白人の差別意識は昔から高いからなぁ

流石はレジ打ち前に商品を食べる国だ

ひろゆきさん、大丈夫かな

\FBページが新しくなりました/

1日1クリックのご支援をお願いします!
↓↓↓

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認