“PCR検査を希望したが受けられなかった” 金沢大薬学系准教授の男性、死後に陽性判明

死亡前 コロナ検査断られ 金沢の男性 死後に陽性判明

▼記事によると…

・死後に新型コロナウイルス感染が確認されたとして、石川県が11月27日に発表した金沢市の男性は、県発熱患者等受診相談センターに電話してPCR検査を希望したが受けられなかったことが、本紙の取材で分かった。男性には、ぜんそくの疾患があったという。

この男性は金沢大薬学系准教授の高橋広夫さん=享年四十二。妻(43)や知人の話では、高橋さんの自宅は県外にあり、金沢市内に単身赴任していた。十一月十六日に強い倦怠(けんたい)感があり、自宅療養中の二十日には三九度台の発熱があった。二十一日に医療機関を受診したところ、インフルエンザの検査は陰性で、薬を処方された。

本人は「近くの医院」と話していたという。妻や知人とのメール記録によると、高橋さんは二十一日、県発熱患者等受診相談センターに電話してPCR検査を受けたいと伝えたが、「かかりつけ医の判断がなければ検査は受けられない」と告げられたという。

2020年12月5日 05時00分
https://www.chunichi.co.jp/article/165411

新型コロナウイルス感染症の世界的流行


新型コロナウイルス感染症の世界的流行(しんがたコロナウイルスかんせんしょうのせかいてきりゅうこう)とは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染によって引き起こされる急性呼吸器疾患(COVID-19)の世界的流行を指して言う。新型コロナウイルスは潜伏性が高いため全世界に感染を拡大し、大部分の国の経済活動が物理的な移動を最小化するオンラインとシャットイン・エコノミーとマイクロツーリズムに移行した事で、多数の産業が深刻なダメージを負った。
新型コロナウイルス感染症の世界的流行 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

陽性判明した金沢の准教授の件、本当にひどい。前に接触確認アプリで通知が来たのでPCR検査を受けたいと申し出て持病があると伝えても本当に受けさせてもらえなかったです。予約も取れませんと言われました。9わたしもぜんそくをもっているので怖いです。

責任押し付け合いで嫌な感じ。こういうことが起こらないようにシステムを作っておく必要があったのに、その場凌ぎばっかりしてるから犠牲者が増える。
呼吸器疾患のある人が悪化しやすいなら喘息の人も悪化するでしょう。苦しかったと思います

今までこう言ったことで中止になってなかった事自体幸運なことだったと思うし、誰も悪くないから謝らないでほしいな。お大事に、そして早く復帰できますように…

PCR増やして陽性判明したら、自宅待機、自宅療養でも動かないで居てくれるほうが感染防止にはなります。

以前、石川県に住んでいる方に聞いたところ、何故かPCR検査は断られるそうです。。酷い話だ。

金大の先生のこのニュース。今朝の北陸中日の1面トップだった。単身赴任で一人暮らしだったようで、ほんとに怖い話。一人暮らししてる学生も気をつけて、と書いてみるけど、この方も出来る対処はしてるんだよな。

本人も残された遺族も気の毒でならない…。ご冥福をお祈りします

\FBページが新しくなりました/

1日1クリックのご支援をお願いします!
↓↓↓

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認