“匿名報道の約束だったのに、実名で報じられた” 東京新聞・望月衣塑子記者がスクープ記事でトラブル → 望月記者「今、学術会議の取材でバタバタしてるから…」

東京新聞「望月衣塑子記者」がスクープ記事でトラブル 約束違反だと取材先が抗議文

▼記事によると…

・「菅総理の天敵」とされている望月衣塑子記者についてデイリー新潮が報じた

・望月記者が書いた記事掲載後に取材先からクレームが入ったと東京新聞の記者

・「匿名報道の約束だったのに、実名で報じられた」との苦情だったという

・望月氏はどう答えるか。電話で直撃したが、「すみません、新潮と文春の取材は、会社に聞いてもらわないといけませんので。今、学術会議の取材でバタバタしていて、そっちに送ってもらえますか」

・――宇野先生から抗議が来ていると聞いたのですが。

「そうです、それも含めて週刊誌には答えていけないということなので、すみませんが、会社に送っていただけますか」

代わって東京新聞に聞いたが、「取材の経緯はかねてお答えしておりません」(編集局)。宇野氏にも取材を申し込んだが、「特にお答えすることはありません」とのことだった。

2020年11月30日 5時58分
https://news.livedoor.com/article/detail/19300828/

望月衣塑子


望月 衣塑子は、日本の新聞記者。中日新聞社の社員。2020年2月現在、東京本社社会部記者。
生年月日: 1975年 (年齢 45歳)
出生地: 東京都
配偶者: 会社員(全国紙記者)
望月衣塑子 - Wikipedia

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

とうとう新潮さんも取り上げるに至ったか。彼女の取材や記事の書き方の問題点は、(政権への批判姿勢以前のレベルで)多々あることを指摘してきたが、暴力記者の問題といい、東京新聞のガバナンスが破綻してることが最大の元凶。何度も警告しているが、大事故起こすよ。

おいおい、闘う新聞記者ってか?笑わすわ!反政権を繰り返す頓珍漢反日記者じゃん。

(・ω・) マジかよ 東京新聞さいてーだな

週刊誌以下の新聞記者が何を偉そうに拒否する?映画新聞記者をめぐってもやらかしている望月。本性を隠しきれなくなってきている。

ちゃんと答えろ 真摯に向き合えイソコ

望月は政府が説明しないとか今後一切批判する資格無し。これで「国民の代表」?笑わせるな笑

暴力を振るう記者に取材先との契約を守らない記者と、東京新聞は人材の宝庫ですね。

アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを