“心神喪失と判断” 面識ない21歳男子大学生を包丁で刺した韓国籍30代男性を不起訴処分

面識ない21歳男子大学生を包丁で刺した韓国籍30代男性を不起訴処分…「心神喪失と判断」函館地検

▼記事によると…

・8月、北海道函館市のスーパー駐車場で当時21歳の男子大学生を後ろから刃物で刺し殺害しようとしたとして男性が逮捕・送検されていた事件で、函館地検は10月26日男性を不起訴処分としました。

不起訴処分になったのは、韓国籍の無職の男性(当時38)です。

・警察によりますと男性と男子大学生に面識はなく、男性には精神疾患があるということです。

函館地方検察庁は男性の刑事責任能力を調べるため、8月17日から10月19日まで鑑定留置し調べを進めた結果、10月26日付で不起訴処分としました。

不起訴の理由について函館地検は「心神喪失のため、刑事責任能力を問えないと判断した」としています。

10/26(月) 20:40
https://news.yahoo.co.jp/articles/67c587c431a0e8233d82623bd84867ac60760e4c

精神疾患


精神疾患とは、脳の障害や損傷などによる働きの変化が原因で、感情や行動に著しいかたよりが見られる状態のことです。 統合失調症やうつ病などいろいろな病気の総称で使われます。
精神疾患 - りたりこ

twitterの反応

ネット上のコメント

事件後 逃げてるから犯罪だってわかってるでしょ。心神喪失で不起訴はないわ。

何故なんだぁーーー!!

強制送還で。

心神喪失してれば何をやっても良いという風潮は改めるべきだろ。裁くべき罪を裁かないという罪があることを知るべきだ。

異国での不安が悪い事だけどそうさせたのかなあ。

悲しすぎる。。

もう裁判所は秩序維持の機関じゃないな。 左翼イデオロギーの表現場所に堕した。

FBページが新しくなりました
フォローをお願いします♪

2021年〜最新情報をお届けします。

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事