上沼恵美子、今度はつんく♂と後藤真希にブチ切れ!「ゴクミ? ゴマキか? ゴマキって今も出てる??」「(つんく作曲)しょうもない歌やった」

なぜ? 上沼恵美子が今度はラジオでつんく♂と後藤真希にブチ切れ

▼記事によると…

・この日はゲストに「M-1グランプリ」のファイナリストでお笑いコンビ「からし蓮根」が出演。彼らを交えて、学生時代のアイドルの話になると、モーニング娘。が全盛だったころの話に。

「モーニング娘。なんてこの前やん!」とジェネレーションギャップに驚いた上沼。かつて鳴り物入りでメンバーに加入した後藤真希の話題になると突然、上沼がリスナーもビックリするようなことを言い始めたのだ。

「ゴクミ? ゴマキか? ゴマキって今も出てる?? キレイでしたね。今もキレイ? 知らんけど」

と上沼は“後藤真希”のことを“後藤久美子”と間違えて呼ぶなど、ボケなのかガチなのか分からないトーンで話し始める。すると‘02年に『堂本兄弟』(フジテレビ系)に出演した際の楽屋でのある出来事を思い出したように話し出したのだ。

「珍しく東京の番組に行ったら、楽屋に後藤さんが挨拶に来たんです。でも後藤さんは来たくなかってん。けど、事務所の人がしっかりしているから連れてきた。その時、嫌々入ってきたのをすごく覚えてる。“後藤真希です”って、闘牛士に暗い所から急に連れてこられた牛みたいな顔してた。“なんでこの人に挨拶せなあかんねやろ”って感じで」

と当時、後藤が挨拶に来た際の態度にご立腹の様子。18年も前の出来事に突然“恨み節”を吐いたのだ。

その当時、つんく♂に作詞作曲してもらった曲を歌うために、大の東京嫌いの上沼が『堂本兄弟』に出向いた時の出来事だったそうだ。

そして矛先は後藤だけでなく、「モーニング娘。」のプロデューサーとして知らるつんく♂にまで向いた。

「つんく♂さんが作曲してくれた『笑顔を咲かせましょう』っていう歌があるんですけど、歌としては一つも笑顔が咲かなかったんです。しょうもない歌やった」

と話しているうちにヒートアップしてしまったのか、自身がリリースした歌にも悪口。

10/5(月) 7:01
https://news.yahoo.co.jp/articles/1352b38f9f097184abaf9ac73214c7e27e1f4a54

上沼恵美子


上沼 恵美子は日本の司会者、歌手、元漫才師である。上沼事務所所属。夫は元関西テレビ所属のテレビ演出家、プロデューサー、常務取締役・制作局長、元メディアプルポ代表取締役会長の上沼真平。遠戚に林家三平などがいる。
生年月日:1955年4月13日 (年齢 65歳)
上沼恵美子 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

認知機能の低下が始まっているのかも。脳の老化や健康状態悪化が始まると、怒りっぽくなったり、感情起伏が激しくなる。専門医に相談した方がよい。

上沼は人の悪口ばかり言うね。少し日数がたつと悪口を言った人とは仲が良い様な言い方をしたりするし本当に嫌な人です。つんくの悪口を言ったのは本当に嫌です。つんくは話せなくなり本当にかわいそうだと思う。

ゴマキのくだりは暴言でもないと思いますが、つんくさんの曲については、たとえ、しょーもない曲で売れなかったんだとしても、ラジオで言わなくてもとは思う。あるいは、やっつけ仕事的につくられた曲で、本当にたいしたことのない曲だとしたら、ちょっとニュアンスを変えて言うとか。

上沼さんは過去にあった恨み辛みを笑いにしてたし、ファンも期待してる分があった。けど、今の上沼さんは恨み辛みだけ一人歩きしてる気がする。

まだ関西では彼女は女王様なのでしょうか?残念ながらもう毒舌キャラの上沼さんは終わってると思う。この方位の年齢のスーパー等で見かけるクレーマーを思い出しました

上沼さんの芸風は、「人の悪口と自分の自慢」だから、ちょっと度が過ぎたりしたら、すごく悪い印象になるよね。

自分に作って貰った曲、ヒットしなかったとしても、今頃になって嫌いな曲だった、は無い

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認