有田芳生氏「下関は統一教会にとって、のちの教祖が日本に上陸した土地だから『聖地』と言われ、国政への足がかりを作る拠点でもあった」

有田芳生氏のツイート

下関は統一教会にとって、のちの教祖が日本に上陸した土地だから「聖地」と言われ、国政への足がかりを作る拠点でもあった。

こんなことを許していいのでしょうか。

政治は統一教会と断絶しなければらない。

したがって4区補選の争点のひとつでもあるのです。

有田芳生


有田 芳生は、日本の政治家、ジャーナリスト、テレビコメンテーター。立憲民主党所属の元参議院議員。両親は日本共産党員で、父は政治運動家・労働運動家の有田光雄。
生年月日: 1952年2月20日
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

統一教会がそう呼んでるだけで、山口県民の殆どは気にしてないと思います。騒いでるのはあなた方だけだし、騒ぐなら何十年前から問題にできたはず。

誰が聖地とか言ってるの?初めて聞きました。

争点のひとつ?それ以外にありましたっけ?🤔この発信も党公認でいいですね?

もし落選しても、統一教会の整地だから負けたと言い訳するなよ。

ムキになって下関を攻撃しまくってるな。こいつ、人として本当に嫌いだ。

それで聖地と言ってるですか❓統一教会もそう言ってるんですか❓

まだ言ってるわ、懲りない奴。




\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認