茶髪、金髪、メッシュ… “多様性”と髪の毛をカラーリングする小学生が増加

茶髪、金髪、メッシュ…小学生の髪の毛も多様化!? カラーリング児童に入学した我が子も「髪の色を変えたい」 どう対応する?

記事によると…

・多様性が認められる時代、カラフルなのはランドセルだけではありません。小学生でも髪の毛をカラーリングをしている子どもは増えています。中学校では校則でカラーリングを禁止することも多いので、頭髪のカラフルさは小学生ならではかもしれません。とはいえ、カラーリングについての考え方は家庭によって大きな差があり、子どもにどのように伝えるべきか悩む人もいるようです。

カラーリングをしている小学生がチラホラ
中でもH美さんが驚いたのは、髪の毛をカラーリングをしている小学生がチラホラいることです。しかも、カラーリングも多様性に溢れています。全体的な茶髪、メッシュ、インナーカラーのみ、毛先のカラーリングのみ、金髪など。「カラーリングの方法ってこんなに種類が多いのか」と、大人のK美さんでも驚くほどです。

都心という地域柄なのか、芸能活動のためにカラーリングをしている子どももいると聞きました。小学校では明確な校則がなく、今の校長先生は多様性に寛容なので、カラーリングについて指導されることはないようです。

4/17(月) 7:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/04adda63985eee62f406e8cbda034bc13ccfea88

多様性


多様性とは、幅広く性質の異なる群が存在すること。性質に類似性のある群が形成される点が特徴で、単純に「いろいろある」こととは異なる。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

髪は若い間しか最高に美しくないのに…もったいない…

貴重な黒髪

あ〜ぁ、せっかくのキューティクルと天使の輪が…(笑)

なんとなくだが勧められない。

たぶん原因は親

毛根痛むで。キューティクルぼろぼろなんで。

髪染めるのは何も悪いことではないと思う




\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認