菅直人氏が講演「再生エネルギーで日本の電力は十分に供給可能。原子力はゼロにできる!」

「原子力発電ゼロにできる」菅直人元首相が講演 2011年振り返り、現政権「間違った方向に進んでいる」

記事によると…

・立憲民主党最高顧問の菅直人元首相が21日、さいたま市浦和区の埼玉会館で開かれた原子力発電に反対する市民集会で、「総理大臣として福島原発事故といかに闘ったか」と題して講演した。2011年の東京電力福島第1原発事故当時、首相だった経験を振り返り、現政権を「運転期間の延長や新たな原発をつくるなど、間違った方向に進んでいる」と批判。「再生エネルギーで日本の電力は十分に供給可能。原子力はゼロにできる」と強調した。

・再生可能エネルギーについては、農地で太陽光発電を進めれば「現在日本で利用している電力の2倍の供給が理論上は可能」と指摘した。また、2030年に原子力、石炭、天然ガスエネルギーを各20%、太陽光を16%とする政府の計画を紹介。太陽光の実績は10年の0・3%から20年に7・8%に伸びていることから、原子力をゼロ、太陽光を50%にできると訴えた。

2023年1月23日(月)
https://www.saitama-np.co.jp/news/2023/01/23/07_.html

菅直人


菅 直人は、日本の政治家・弁理士。立憲民主党所属の衆議院議員、国のかたち研究会設立者・会長。立憲民主党最高顧問。 厚生大臣、副総理、財務大臣、内閣府特命担当大臣、内閣総理大臣、旧民主党代表、民主党代表、民主党政策調査会長、民主党幹事長、民主党代表代行、旧立憲民主党最高顧問を歴任した。
生年月日: 1946年10月10日 (年齢 76歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

何であろうとオメーは原発に関して一言も発言すんな💥

おとといきやがれ

コイツの講演なんか無料でも聴きたくないな🤮

はいはい、お医者さんに診てもらいましょう

言うのは簡単 大震災当時、原発は電源喪失後も一定時間は原子炉が制御可能な状況にあったことが分かっている。その時間内に海水注入の決断を下していれば引き続き原子炉は制御可能な状態に置かれ、大惨事は回避できた可能性が高いとの検証結果も出ている。結局人災だったんよ。

何年後の話だ!

お前のせいで電気代が値上がりしてるんだよ💢



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認