【講談社】米紙が報じる「日本の朝鮮学校の多くが、閉鎖の危機にあるのはなぜか」

米紙が報じる「日本の朝鮮学校の多くが、閉鎖の危機にあるのはなぜか」

記事によると…

・日本の朝鮮学校を取り巻く問題を米紙「ワシントン・ポスト」が取材した。在日コリアンが通う朝鮮学校の多くが、いま閉鎖の危機にあるという。いったいなぜなのか。

「スパイの子供」と呼ばれて
教師は「韓服」と呼ばれる朝鮮半島の伝統服を着ていた。黒板の横には、北朝鮮の建国者・金日成の絵が飾られている。彼女が指導するのは日本生まれの生徒たちだが、パソコンの画面に表示されているのは、朝鮮語の語彙だった。

「これはどう発音しますか?」

教師は「家族」を意味する単語を指しながら、朝鮮語でそう尋ねた。

「シック(食口)」。生徒たちは大きな声で答えた。

大阪にあるこの小学校は、朝鮮半島が日本の植民地だった1910~1945年に移住してきた朝鮮人の4世・5世たちが、「在日朝鮮人」としてのアイデンティティについて学ぶ貴重な場となっている。在日朝鮮・韓国人(在日コリアン)は民族的マイノリティとして、長らく日本社会から疎外されてきた。

このコミュニティの多くの人々は、冷戦初期に労働力として日本に渡った朝鮮人を支援するために何十校もの朝鮮学校に資金提供した北朝鮮を受け入れている。とはいえ、彼らは自らを北にも南にも重ね合わせることなく、半島の統一を切望している。

北朝鮮と歴史的につながりのあるこれらの学校は、長らく誹謗中傷の標的にされており、生徒たちを「スパイの子供」呼ばわりする抗議行動も起きている。2022年は北朝鮮が前例のない回数の弾道ミサイル発射実験を行い、抗議も激しさを増した。

北朝鮮のミサイルが日本上空を通過した2022年10月には、複数の学校から脅迫電話があり、それまでには放火事件も起きていた。日本メディアの報道によると、東京の朝鮮学校生が電車内で、「日本にミサイルを飛ばすような国が高校無償化とか言ってんじゃねえ」と暴言を吐かれる事件もあったという。

(略)

※補足:<クーリエ・ジャポン>
クーリエ・ジャポン は、講談社が発行するオンライン雑誌である。かつては紙面での発行も行っていたが、2016年に電子版に移行した。

1/2(月) 10:15
https://news.yahoo.co.jp/articles/deeaa0920f118518b39542effc8c374496f50f2f

朝鮮学校


朝鮮学校とは、朝鮮民主主義人民共和国を支持する在日朝鮮人組織である朝鮮総連と傘下団体の指導の元で運営されている各種学校。同団体などの学校への影響は「不当な支配」との合理的な疑いがある、との司法判断を受けている。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

同胞すら日本の公立に行かせるんだからそら人数確保出来ずやっていくの無理だろうよ(´・ω・`)

北朝鮮政府が支援せずにミサイル撃って散財しているのが原因。教育に予算を使うべき。

相変わらずクーリエは左側の記事多いですよね😱筆者があちら関係者ばかりなのですからですかね😱

必要性が分からない

日本の学校じゃないのに無償化とかありえない。

そういえば、アメリカに朝鮮学校ってあったっけ?

「なぜか?」と問う意味がわかないんですけど、ごめんなさい。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認