演出家ハラスメントを女優が告発、舞台公演が急遽中止に → 演出家「私刑と同じ。承服できない」

作・演出の谷賢一氏「公演前日に訴えを起こされたことは大変心外」 ハラスメント告発で急きょ舞台中止

記事によると…

・16日から公演予定の舞台『家を壊す-他、短編-』が、急きょ中止になったことが分かった。作家・演出家、谷賢一氏への告訴ならびにハラスメント行為の告発があったことを踏まえ、15日深夜、公式サイトが発表した。

・谷氏は15日、女優の大内彩加のツイッターへ投稿された「私、大内彩加はDULL-COLORED POP主宰 谷賢一を提訴いたしました。noteには以下の文章含め、より詳細にどうして告発に至ったかの経緯も記載しております」といった性被害に対する内容の告発を受け、自身のツイッターで「この度は私に関することで大事なお客様、および公演関係者に多大なるご迷惑とご心配をおかけしていることをまず深くお詫び申し上げます」と謝罪。つづけて「以下、ご一読頂ければ幸いです」と、自身のウェブサイトで「本日、大内彩加さんによりインターネット上に発表された文章についてコメントさせて頂きます。彼女の文章は事実無根および悪意のある誇張に満ちており、受け入れられるものではありません。訴状が届いていないため起訴内容については確認できておりませんが、司法の場で争う所存です」と明かしている。

また「公演前日に訴えを起こされたことは大変心外です。これはれっきとした名誉毀損であり、私が今準備している公演遂行のためにも看過することができません。そして何より私自身の名誉のためにも、取り下げて頂くまで戦う覚悟でおります」と反論した。全公演中止の決定後に追記で「訴状すら見ず、司法の判断も待たずにこの決定を下すことは行きすぎたキャンセルカルチャー、私刑と同じであり承服できません。続きは司法の場で争いつつ、私個人として、この社会的風潮に対し抗議の声をあげていこうと考えております」と表明している。

2022/12/16 10:45
https://www.sanspo.com/article/20221216-VQ6XUEDODNASZEQE7HRAW6FW5I/

動画を見る

谷賢一


谷 賢一は、日本の劇作家・演出家・翻訳家。劇団「DULL-COLORED POP」主宰。演劇ユニット「Théâtre des Annales」代表。日本劇作家協会・事業委員。
生年月日: 1982年5月11日 (年齢 40歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

注視しています

他の共演者かわいそすぎるよ

え?未だにズレた考えだからこうなるんでしょ?

誰が誰に何をしてんだよ

稽古が水の泡や〜

誰?有名なの?

本当にやってなければ「やってません」って言えば終わるのに、司法がどうとかキャンセルカルチャーとか言ってる時点で察してしまう。役者の人権を自分自身や舞台公演より下に見てるって事でしょう。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認