「世界シェア2位」中国のセキュリティ会社が日本初上陸 監視カメラに独自AI機能

「世界シェア2位」中国のセキュリティ会社が日本初上陸 監視カメラに独自AI機能 製品を報道陣に公開

記事によると…

・世界シェア2位の中国のセキュリティ会社が、日本に初上陸し、監視カメラの技術や製品を報道陣に公開しました。

中国・浙江省に本社がある「ダーファ・テクノロジー」は監視カメラに独自のAI機能を取り入れ、顔や指紋などの生体認証とデータの収集で高い技術力があるということです。

10/25(火) 14:34
https://news.yahoo.co.jp/articles/e1dda7d919d0fe691521742dab3981573b1d3ba8

ダーファ・テクノロジー


ダーファ・テクノロジー、浙江大華技術として知られる、浙江大華技術股份有限公司、略称では大華股份ないし大華技術は、中華人民共和国杭州市に本拠を置く監視カメラ設備などを扱う企業で、2015年の時点でこの分野における世界第2位の市場占拠率をもっている
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

バックドアがあるからチャイナの製品は使えない💧

うわあ、バックドア

間抜けとしか思えませんな😩

なんで導入した?? 危険性が分かってないのか、わざとか??

そらそっちは監視が日常だものね

世界シェア2位ってのも怪しい😒

これ、あの外務大臣の胸ポケットカメラと同じような…



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認