3年前に日本が脱退した国際捕鯨委員会、破産の恐れ…

国際捕鯨委員会「破産の恐れ」 3年前に日本脱退、本部建物の売却も

記事によると…

・国際捕鯨委員会(IWC)の総会が13日、スロベニアのポルトロージュで始まった。2019年に日本が脱退して以降、対面形式での開催は初めて。捕鯨の規制についての議論は低調となりそうだが、新たに財政状況が課題として浮上している。

総会は原則2年に1度開かれる。ブラジルで開かれた18年は、商業捕鯨再開に向けた日本の提案が否決され、翌19年6月の脱退につながった。20年の総会はコロナ禍で延期されていた。

(略)

2022年10月15日 6時00分(有料記事)
https://www.asahi.com/articles/ASQBG64Z9QBFULFA02Y.html
『朝日新聞』のご購読お申し込みはこちら

国際捕鯨委員会


国際捕鯨委員会は、国際捕鯨取締条約に基づき鯨資源の保存及び捕鯨産業の秩序ある発展を図ることを目的として設立された国際機関。 日本は1951年に条約加入したが、2018年12月26日にIWCから脱退することを通告し、2019年6月30日に正式脱退した。
設立: 1946年12月2日
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

クジラだけに大雑把だったか、ついでに国連もユネスコも潰してまえ。

鯨ベーコンファンとしては、実に微笑ましいニュースです。

控え目に言って、いい気味。

つまり、もっと早く日本はIWCを脱退するのが正解だったワケですね 話の通じない相手に長年、話し合いを続けるムダ

やがて来るであろう食糧危機に備えて、切れる手札は多い方が良い。

破産するんだー。大変ですね。 まぁ、頑張ってくださいよ。

自業自得👍



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認