元日本赤軍で生活保護受給の映画監督、山上容疑者をテーマにした問題作し国葬当日に先行上映 → 朝日新聞が取り上げる

山上容疑者をテーマにした問題作、国葬当日に先行上映。監督の真意とは

記事によると…

・いったいどんな映画に仕上がっているのか。9月21日の日中、足立の取材ができると連絡を受けてロフトプラスワンを訪れたところ、ラッシュをみることができた。ラッシュとは、まだ未完成の映像のことだが、筆者がみたラッシュは先行上映で用いるものだった。上映時間は50分。ここでは、上映後の幾人かの取材者を前にした、足立の言葉を筆者の取材メモから紹介したい。

「山上がやったことはテロじゃない。個人の決意をいつからテロと呼ぶようになったのだろう……」

これが「やはり、テロリストがテロを賛美する映画をつくったのではないか」という疑念に対する足立の回答だ。さらに、足立は続ける。

「私が山上を尊敬するといえばテロを尊敬すると受け止められるかも知れないが、そうではない。日々の生活の中では誰もが、山上と同じようなことを考えたことがあるはずだ。しかし、計画したり実際に行動する人はいない。それを山上は実行に移した。もちろん人を殺したのは悪い。ほかに方法もあっただろう。だったら、山上の中にあるものを一緒に見つめてみようと考えたのが、この映画なんだ」

そして、映画の中に出てくる様々な言葉について、こうも語った。

「山上は私みたいに酒や煙草でごまかすようなことをしなかった。そして行動に移した。行動する、しないの落差を埋めるものとはなんだろうと考えた。だから、映画に出てくるセリフはみんな私自身の言葉なんだ」

(略)

取材中、足立は時折ユーモアも交えた。常々足立は「職業は国家公務員だ」と話している。

「今は生活保護を貰って生きている」と、日々の生活を語るときだ。足立は福祉事務所で「これは私の権利だから生活保護を貰いたい」と主張したら「あなたの主張は正しい」と認められた。ところが対応した福祉事務所の職員は、こういったそうだ。

「あなたは国から保護費を貰っている国家公務員だというが、生活保護費は地方自治体の予算から出ているんですよ」

煙草を飲みながら、足立はこうオチをつけた。

「だから、地方公務員風に生きているといえば、間違いじゃない」

(略)

2022年09月23日
https://nikkan-spa.jp/1860297/2

関連ツイート

足立正生


足立 正生は、日本の映画監督・脚本家・俳優、元パレスチナ解放人民戦線、元日本赤軍。 福岡県戸畑市出身。日本大学芸術学部映画学科中退。若松プロダクション出身であり、若松孝二の盟友とされる。
生年月日: 1939年5月13日 (年齢 83歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

控えめに言っても「ク●」ですわ。

生保受けながらの映画制作。なんで、生活保護の対象なん?

役満すぎて言葉が出ないよ

支給停止でよろしい💢

何このふてぶてしさ。たばこ吸いながら会見かよ😱💦

すげー メンタル 面の皮厚すぎだろ

突っ込みどころの塊過ぎてウットリする



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認