ラサール石井さん、著名人のPCR検査“優遇”指摘「一般人は何日も待たされ…こんな格差はあってはいけない」

mipokoさんのツイート

つるの剛士、新型コロナ感染

8月21日に発熱しPCR検査

→陰性で風邪診断

→その後も咳症状

→25日に再検査、陽性

ウィルスの採取量などでこうなるんだろうけど、ここから導き出せるのは「陰性でも保護隔離期間を取り再検査すべし」であって「PCR検査は要らない」ではない。

↓↓↓

ラサール石井さんのツイート

橋下徹氏、太田光氏、つるのくん、みな即日PCR検査が受けられている。

一般人は病院に受診を断られ、保健所に200回電話して繋がらず、高熱でも何日も待たされ、あげくに陽性と分かったときには重症化。

こんな格差はあってはいけない。

そのために亡くなった、本当なら助かっていた命は確実にある。

ラサール石井


ラサール 石井は、日本のお笑いタレントである。本名及び旧芸名、石井 章雄。 石井光三オフィス所属。
生年月日:1955年10月19日 (年齢 64歳)
ラサール石井 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

ホント!それ!!

私の地方では、新型肺炎が疑わしければ、普通に、その場でPCRやってますけど。

芸能人、超早いですね検査まで。そして入院もすぐだし、検査抑制論だった人がすぐ検査してる矛盾😑

世田谷区には頑張って欲しいです。

芸能人の方の名誉の為に。私の知ってる芸能人の方は特別待遇は受けてらっしゃらないです。一般扱いで自腹ですよ

一般人でも確実に重症化してしまう人にはやってる病院もあります

それは地域の問題であって、格差の問題ではない。

FBページが新しくなりました
フォローをお願いします♪

2021年〜最新情報をお届けします。

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認