【動画】カナダのトランスジェンダー教師、タイトな服に巨大な人工乳房で苦情殺到…「教師として相応しくない」「あまりにも下品」

【海外発!Breaking News】トランスジェンダーの女性教師、タイトな服に巨大な人工乳房で苦情殺到(カナダ)<動画あり>

記事によると…

・カナダ、オンタリオ州で働くトランジェンダーの高校教師ケイラ・レミューさん(Kayla Lemieux)に対し、保護者からの苦情が殺到している。きっかけとなったのは生徒が授業中に撮影した写真や動画がSNSに投稿されたことで、ケイラさんの外見が注目を浴びたのだった。

オンタリオ州のオークビル・トラファルガー高校(以下、OTHS)で製造技術(manufacturing technology)を教えるケイラ・レミューさんは、心と体の性が一致しないトランスジェンダーである。ケイラさんが男性から女性へと性別移行を始めたのは約1年前で、スティーヴン・ハンナ(Stephen Hanna)という名前を捨て、より女性らしい体を目指して人口乳房の使用を始めた。

そんなケイラさんが教師として勤務中の写真や動画が最近、SNSに投稿されて瞬く間に拡散、その外見に注目が集まった。

それによるとブロンドの長い髪をしたケイラさんの胸はかなりの大きさで、タイトなシャツの上から乳首の形がはっきりと分かる。また機械を使った作業中にもかかわらずミニスカートを着用しており、大きな胸が作業の邪魔になっているようにも見える。

この投稿には当初、「これが教師? あり得ない」「嘘でしょう?」という懐疑的な声があがっていた

・SNSには次のようなコメントが寄せられた。

「教師として相応しくない。」

「今すぐ辞めさせるべき。」

「注目を浴びたいだけでしょう。」

「製造技術を教えるクラスでは、長ズボンを着用しアクセサリーはなし。また髪は束ねるのがルール。こんな格好では危険。」

「乳首が見える時点でNG。」

「乳房が頭と同じくらいある人なんてそうはいないよ。」

「これが女生徒だったら、ドレスコード違反で家に帰されるわよね。なぜこの教師はOKなの?」

「あまりにも下品。」

「何か勘違いしているのでは?」

「常識がなさすぎる。教育者として恥ずかしくないのか。」

「こんな先生を毎日見ている生徒は被害者だ。」

2022.09.20 23:30
https://japan.techinsight.jp/2022/09/ac09201353.html

関連ツイート

オンタリオ


オンタリオ州は米国や五大湖と接する、カナダ中東部に位置する州です。同州に位置する首都オタワは、パーラメント ヒルにあるビクトリア様式の建築の他、カナダや先住民の芸術品を展示するカナダ国立美術館でも知られています。州都トロントには回転式展望レストランで有名な 553 m の CN タワーや、珍しいオークの原生林を有するハイパークがあります。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

ごっつええ感じで松本がやってた英語教師やん

笑いを耐える訓練かな?

うおおおお多様性バリア!

千と千尋の神隠しにこんなのいたぞ

もうこれコントだろ

想像以上の酷さだった

そら行き過ぎた配慮はこうなるわ。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを