加藤厚労相「オミクロン株対応ワクチンは、ほかの国では、2〜3カ月間隔で打ち始めている」→ ネット『他の国ってどこですか?』

オミクロン対応ワクチン 接種間隔 3カ月程度に短縮も

記事によると…

・加藤厚労相は、「日曜報道 THE PRIME」に出演し、新型コロナウイルスのオミクロン株対応ワクチンの接種間隔について、現在の5カ月から3カ月程度に短縮することも検討していることを明らかにした。

加藤厚労相「オミクロン株対応ワクチンは、ほかの国では、2〜3カ月間隔で打ち始めている。そういった状況も入手して判断したい」

・また接種について、「もし3カ月という間隔で考えれば、希望者全員となれば、1日100万回のスピードで打ってもらわなければならない。職域接種を含めて協力をお願いしたい」と強調した。

2022年9月18日 日曜 午後0:26
https://www.fnn.jp/articles/CX/418882

関連ツイート

加藤勝信


加藤 勝信は、日本の政治家、元大蔵官僚。自由民主党所属の衆議院議員、厚生労働大臣、自由民主党税制調査会小委員長、社会保障制度調査会長。旧姓は室崎。
生年月日: 1955年11月22日 (年齢 66歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

北アフリカでは、誰も見向きもしてませんけどね(;´・ω・)

もう他は終わっとんねん!

初耳でした。 現実的な効果の有無の報告をお待ちしております。

そんなに早く消費したいのですかね。 当初「俺は射たね~よ」って言われてたから信頼してたのに💦

2、3ヶ月に1回mRNAを筋肉注射・・・

うちはうち! 他所は他所! って言われるぞ

どこですか。しりたい



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを