【文春】巨人・坂本勇人選手が“無避妊中絶トラブル”で非情な発言「おろすならおろすで早い方がいいやろ?」「中出しし放題だもん」

巨人・坂本勇人選手(33)が“無避妊中絶トラブル”で非情な発言「おろすならおろすで早い方がいいやろ?」「中出しし放題だもん」《証拠音声入手》

記事によると…

・突然の呼び出し、過激なプレイ、アフターピル…
「A子からは、坂本選手と出会った頃から話を聞いてきました。当初は坂本選手の言動は優しくて、A子への愛情も感じられて、惚気るA子が微笑ましかった。しかし月日が経つにつれて、A子への扱いがどんどん雑になっていきました。突然深夜に呼び出したり、ベッドでは過激なプレイを強要したり……。

私には、坂本選手へのA子の好意を利用されているようにみえて、とても辛かったです」

坂本 《おくちにいれたい おえおうさせたい》

A子 《あれ苦しい》

坂本 《来たらすぐいれよ いい?いきなり苦しいやつ》

坂本 《すけべ。髪もひっぱりたい。だめ?》

「なかでも許せなかったのは、“中出し”をしたいがために、A子に行為のたびにアフターピルを飲ませていたことです」

坂本 《今日はアフター飲まなくて平気かなー 二回もやったし笑 次生理いつ?》

坂本 《今日なかだし? ダメ?》

「A子にも悪いところはあったと思います。坂本選手への好意から、その行為を強く拒んではいませんでしたから。私もちゃんと断りなって何度も言いました。でも、断ったらもう会ってもらえないかもしれない、という不安を抱えているようでした」

坂本の自宅で性行為に及んだあとに病院でアフターピルを処方してもらう。この流れは、A子さんの親友が知る限りでは1年以上は続いていたという。

そして2021年7月22日。A子さんは突然坂本から性病検査を受けるよう勧められたという。折しも、坂本選手も出場していた東京オリンピックの開会式前日だった。

A子さんの親友が当時の状況を説明する。

(略)

2022/09/10
https://bunshun.jp/articles/-/57264
『週刊文春デジタル』の入会登録はこちら

動画を見る

坂本勇人


坂本 勇人は、兵庫県伊丹市出身のプロ野球選手。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 2016年にセントラル・リーグの遊撃手としては史上初となる首位打者を獲得。2020年には右打者としては最年少となる31歳10か月で通算2000本安打を達成した。 2021年開催の東京オリンピック 野球 金メダリスト。
生年月日: 1988年12月14日 (年齢 33歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

それで腰痛なんや!

両親泣いてるよ

本当じゃなかったら許されないと思う

成る程夜の3000本は達成したか!

中日にこい。うちの監督と波長が合いそうだ

これってA子さん本人が親友ともほとんど連絡とってないのに、親友が勝手に文春にバラしてるよなw ということは情報料とかも全て親友が総取りって感じか?坂本も悪いけど、A子の親友もなかなか悪い人だな 「A子には少しでも前を向いて歩んでほしい。そう願っています(世間に情報をばら撒きながら)」

こいつあかんやろほんまにwww



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを