「若い人が組長になりたがらない」世代交代が進まず、組長の高齢化が深刻… 今どきの暴力団事情

「若い人が組長になりたがらない」 組員は30年で4分の1に 今どきの暴力団事情と「半グレ」との関係

記事によると…

暴力団勢力に衰え 組員らは30年で4分の1に
暴力団対策法が施行されたのは1992年。暴力団は反社会的団体と位置づけられ、組員による不当な行為は、厳しい取り締まりの対象となった。その結果、組員らが飲食店に対してみかじめ料を要求するなどの禁止行為に及んだ場合、警察が中止命令を出し、摘発できるようになった。これまでに全国の警察が出した中止命令は5万2821件にのぼる。

「若い人が組長になりたがらない・・・」高齢化する暴力団
暴力団をめぐる環境の変化について、フリーライターの鈴木智彦氏は「暴力団が力を失っているのは確か。それなりに怖がられ、いざという時に判断をするから生き残っているが、儲からないし、捕まると懲役になる。そのため若い人が入らず、組長をやりたがらないから、世代交代が進まず、組長の高齢化が進んでいる」と話す。

その背景には、銀行口座の開設の禁止など、基本的な生活が制限される暴力団排除条例の影響が大きいとみられている。「ヤクザ」にとって肩身の狭い世の中となった訳だ。また「特定抗争」や「特定危険」に指定されると事務所が使えなくなり、集合できないなどの物理的な制限も影響しているという。

5/4(水) 11:12
https://news.yahoo.co.jp/articles/e0fe8c701a9a2a4b4c045f236e7cb8b89ed8325f

暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律


暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律は、暴力団員の行う暴力的要求行為について必要な規制を行い、及び暴力団の対立抗争等による市民生活に対する危険を防止するために必要な措置を講ずるとともに、暴力団員の活動による被害の予防等に資するための...
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

一般企業も管理職になりたくないという傾向があるようだし…😂

昔みたいな極道がいないからなぁ… 龍が如くの世界はフィクションだとよくわかる事例

報酬が安いとか🤔

国を変えるしかない

組長は町内会だけで充分。お引き取りを👋👋

時代の流れ…ですね

上納を緩くするしかないよねぇ。後は中学くらいからカッコいいとう価値観を洗脳して仕上げる

 アンケート投票 & 結果確認


\\SNSでシェア//

※コメント欄が表示されない場合はリロードしてください。