米税関、毛髪13トンを押収 新疆ウイグル自治区の強制収容所で虐待か… 約8600万円相当

米税関、毛髪13トンを押収 中国の強制収容所で虐待か

▼記事によると…

・米税関・国境警備局(CBP)は、人の毛髪から作ったと思われる付け毛やかつらやなどの美容品13トンを、ニューヨーク・ニューアークの港で1日に押収したと発表した。

押収した貨物は中国北西部の新疆ウイグル自治区から発送されたもので、強制労働や強制収容による人権侵害が疑われるとCBPは指摘する。商品価値はおよそ80万ドル(約8600万円)相当だった。

2020.07.03
https://www.cnn.co.jp/usa/35156235.html

アメリカ合衆国税関・国境警備局


アメリカ合衆国税関・国境警備局は、アメリカ合衆国の税関や国境警備を担当する、国土安全保障省の一部門である。日本語の訳語としてはアメリカ合衆国税関・国境取締局とされることもある。
アメリカ合衆国税関・国境警備局 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

13万トンって…いったい何人から??そして、髪の毛だけ??

髪の毛だけで13万トン・・・13トンでもビビるけど13万トンとか想像すら出来ない・・・これウイグルの強制収容所から出たものだろうな・・・

↑他の記事もみた感じ13トンみたいです。13トンでも十分にあり得ない数字ですけど…

遺伝子調べれば民族とか大体わかっちゃうのかな?

もうナチスと変わらん

DNA鑑定で確認して欲しいな。

チャイナチビジネスがあからさまになってきた。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。